2008年02月11日

ラメちゃんたら ギッチョンチョンで パイのパイのパイ…わらしべ夫婦双六旅


幼きころ、まりちゃんたらギッチョンチョンで〜という歌にあわせてゴム飛びをやっていました。
…同行者(いっこ年上)はそんなことやんなかったって言われました。

ゴム飛びをやっていたのがまあ10歳くらいまでとしたら、20年前になるわけですが、この歌どうやら大正時代にはやった「東京節」の一節だと言うことが、今回のお芝居を観てわかりました…(東京節は“ラメちゃん”で、私が遊んでいたのは“まりちゃん”だったけど、メロディはそのままだった)。

わたし大正時代の歌で遊んでたのか?
まあいいんだけどさ。

出演者にとってもライフワーク化しているだろうこのシリーズ、観ているわたしにとってもライフワークですよ。
1997年だから…ええっと10年前?「浅草慕情 なつかしのパラダイス」から毎年2月は演舞場で笑い泣きと決めているのです。
たとえ…どんな芝居でも(ここ数年は脚本的にはトーンダウン気味で、役者力だけで持ってきているから…)。
それでも好きさ。
ああ好きさ!

2008021016:30
posted by 海野モノトモ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。