2008年04月03日

春は名のみの風の寒さや



最近服装を読み間違って暑がったり寒がったりしております…。


光陰が矢の如しどころか、あまりに矢すぎて呆然としております。
頑張って働いているうちにいつの間にやら大王ご降臨の日が来るかもしれない…
だってひにちがあまりに素早く過ぎ去るんだもの。

…2週間の動向の一部を順不同で並べてみました。
 

鎌倉の仕事先を訪ねる。
せっかく鎌倉まで来たので、仕事帰りにわざわざしのつく雨のなか化粧坂の切り通しを通って帰る。
雷まで鳴りやがった。
なんかヤケだったようだ。
8時過ぎに帰社、そろそろかしらとてくてく歩いて某ドームへ…やっぱりちょうど良かった。


渋谷で仕事。
笑いっぱなしでこっちは楽しいけど、人を楽しませることは必ずしも楽しいことばかりではないのだと思い知る。
大劇でも東宝でも日々客を笑わせようと頑張っている人たちにうっかり思いを馳せました。


某スポーツのミュージカルのDVDを観て頭を抱える…全く萌えどころがわからん。
仕事じゃなかったら3分で諦めるところだった。


もつ鍋を食う。
その前に西麻布でしこたま迷う…隠れ家だからって隠れすぎだ。


明け方まで池袋を彷徨う。
…サービス残業てどゆこと!
サービス満点過ぎやしませんかわたしったら。


会社の最寄り駅までたどり着いておきながら力尽きてへたりこむ。
……コンクリートってつめたいなあ、てのが最後の記憶。
また駅の救護室で爆睡後、ちょう元気に。


銀座は某ヴァニラ画廊の“娘達への謝罪”をみる。
クロッキーの肉感に脱帽。
虐げられた娘達の、それでも艶をなくさない瞳が美しかった。
しかしあの画廊は何度行っても…いかがわしい…。


新橋と吉祥寺の仕事を続けて入れたら移動がえらく大変なことに。


香港のマンダリンに泊まろうとしたけれど、予約取れず。
休みは取れたのに。
5回目ですよ敗れたの。
でも4月1日にじゃないとだめなの。


読まねば仕事にならん本が多方面からじゃんじゃん届くのでためしに積んでみたら50センチを越えてた。
読むのはあしたからにしよう…


銀座で仕事。
2時間ほど歌舞伎座近辺で時間がぽっかり空く。
そんな時に限って本の1冊も持っておらなんだ。


新宿で朝を迎える。
最後のほう寝言で打ち合わせでしたよ正直。

 

ともだちよ これが私の2週間の仕事です。
…遊んでるみたいですが、真面目に働いてました。

3日は赤と黒ですし、5日は筋少ですし、7日は黎明の風です。
…これは遊びですよ。

雪組の当日券には2度ほど敗れました。
じゃじゃ馬ザザちゃんの体当たりキッスがもう一回見たかったなあ。

 
posted by 海野モノトモ at 01:36| Comment(4) | TrackBack(0) | そのひのくらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。