2009年03月12日

われてもすえにあわむとぞおもふ…HEYGIRL!



まとめ更新したら、ただでさえ多い誤字脱字が3割増になっていたので気付いたところだけ直しました…トホホ。


今日は仕事で渋谷経由で吉祥寺に行きました。
渋谷の交差点でボサっとしていたら、町に響き渡る柔らかな声!


チャイナドール!


姫様の歌うチャイナドールが渋谷に響き渡る!
とくだいのモニターに姫様が!(ていうか舞台シーンが)

10分にいっかいくらい流れてました。

渋谷にたむろする全てのうつろな若者達は観るといい!
そして姫様にうっとりするといいさ!

と思いつつ、うきうきと吉祥寺に向かい、井の頭線を降りたらホームに写真だらけの姫様!
…もとい、姫様の写真だらけのポスターが!!ずらりと!

もはや街中姫様だらけであります。
明日は初日なのだもの!
否が応でも期待が高まりまくります。


そんななか、西巣鴨にお芝居を観に行きました。

フェスティバルトウキョウという企画の一環でした。
西巣鴨の廃校になった小学校を小劇場として再利用している劇場でのお芝居。

イタリアのお芝居で、英語の台詞ですが、台詞の力をここまで排除している演劇と言うのも珍しいような気がします。
ダンスというか、身体表現というか…なんだろう?

とってもアヴァンギャルドというか、
とにかく音の洪水にビクビクしながら見てました…ライブハウスの爆音は大丈夫なのですが、大きな音にはいつもビクビクしてます(マルグリットの空襲シーンも然り)。
女性が生まれ、少女から女へと泣きながら、苦しみながら変化していく。

頭が言葉に支配されて頭でっかちになっていき、いっそそれを捨てるその潔さ。
脳をスキャンして言葉が溢れていく恐ろしさ。

正解はきっとない。ただ、その事実が淡々と描かれていく。
デヴィットリンチの世界をナマで見たみたいでした。
ほんと夢に見そうだ…

整理できなくてぐらんぐらんしているわたしの横で、連れは爆睡してるし(そもそもわたしを誘ったくせに)…よくもあんな音の中で寝られるなあ…。
 
posted by 海野モノトモ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。