2009年05月31日

ハートをカツアゲ☆…狂言/茂山千五郎の会


今日は、千駄ヶ谷に狂言を見に行きました。
そしてオグリを観損ないました。
ううじゅりあ…こっきー…。


久しぶりに齢九十になられる千作さんが観られるというので、ルーナ先輩と千駄ヶ谷は国立能楽堂へ。
「末広がり」「附子」「鈍太郎」。
千作さんは附子の大名。

お姿をはいけんしたのがなんとも久しぶりで、千作さんがよちよちと橋掛かりを出てくるだけで笑いがとまらん。
歩いているだけで客席が沸くのがまた。
かわいいおじーちゃんだのー。

声が相変わらずつやつやと豊かで、からださえきけば多分10年後も舞台に立てる…!
国の宝をめいっぱい愛でてまいりました。

そして、附子の太郎冠者と次郎冠者をやった千三郎さんと七五三さんの声質が高低の差はあれど同じため、あまりに調和していて、ただの会話や声を合わせてのセリフが無作為かつ完璧にハモッていた…。
すごいなあ血筋って。

鈍太郎の最後のシーンでの謡が頭から離れなくて気付くと鼻歌をうたっている…。
茂山の狂言を観ると、なんか心がホクホクする。


終演後、たいへんご機嫌のままオグリの夜の部を観ようとほてほてと青年館まで歩いてったら、なんかさんじから始まってて、着いた時点でもう4時半なんですが(狂言が14時開演16時終演だから)。
いつでも調査不足…ああこのなかではじゅりあやこっきーが!

ルーナ先輩と慰めあいながら、結局映画を観ることにして新宿へ。
いろいろモメたあげく話題の(?)タイ映画「チョコレート・ファイター」に決定。

すんごいアクションでした(ていうかスタントなしのリアルファイト…)。
マッハやトム・ヤム・クンよりもストーリー性が(多少)強くなって、観てて眠くなることはなく、いろんな意味で血がたぎる。
ほっそりしたおんなのこのすさまじい激闘…またかわいいんだこのこ!
テコンドーの師範らしく、すばらしいハイキックでした。

しかもパンフがフルってました。
まるでマニア系プロレス雑誌みたいよ。
強い女子にやっつけられたい願望のことを“ハートをカツアゲされる”と言うらしい…。

まあ、そんなこんなで土曜の夜の新宿のひとの多さに辟易しつつ帰ってきました。
いろいろあって全ツのチケットを譲ってしまったため(………千作さんの誘惑に勝てなかったわけで)、花組が両方とも見られなかった…なぜえ!
ミーマイは行こう…是非!(言霊)

posted by 海野モノトモ at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ふっつり悋気せまいぞと…5月歌舞伎座夜の部


大劇場へゆうがさんの公演を観にいきました(かなり前に)。
あんまり切なくて書いてませんが、それは後にアレとして、昨日歌舞伎座に行きました。


歌舞伎座の改築まで1年くらいらしく、カウントダウンの掲示板が出てました。
中学時代から通いはじめてすっかり慣れ親しんでいるので、ここがこの風景じゃなくなる日が近いのかと思うと、ちょっとしんみりしたり。しなかったり。


万難を期して休みを取り、用事の前に暫と寿猩々と手習い子を幕見で観て、用事を済ませて夜の部に参戦しました。

暫のえびさまの隈が、骨格にあってない感じで妙な違和感。
立体的じゃないというか、仮面をはっつけたみたいになっている。
団十郎はこの上なく美しい隈を取るのになあ…教わった方がいい…。

そして、80歳のおじいちゃんが10代になる前の少女の舞踊を踊るのをみてロックを感じました。
かっけー。

2009052216:30
posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ポンと蹴りゃニャンと鳴く?…雪組風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア

 

勢い余って雪組初日参戦。
だってだってとにゃみが!(何かをする時の掛け声?が「んにゃ!」「んんんにゃ!」って聞こえるからとにゃみ呼び定着)。
とにゃみが水さんと一緒にいるところを観るのが最後なんだもの!
考えただけで鼻の奥が痛くなる。


ショーを観て初めておーきかなめちゃんが星組に、ちぎーちゅ(…ってゆうがさんが言ってた!…気がする)が宙組から組替えになっていたことを知る。
大劇と東宝の間で異動することってあるんですねえ…

そして雪組次回作のポスターがとんでもないことになってら。
うわあ通っちまう…通っちまうかも…!!

でもこっちで5月いっぱいやって8月にもう再びの本公演か…。
なんかあやねーやじゅりあは全然来ない気がするんだけど気のせいかしら。
ま、全ツもミーマイもバウも行くけれども!
かわいこちゃんがいるところには、どこへでも行く所存であります。


ショーの水さんの赤いスーツが東京ブギウギに見えたり、お芝居のちぎーちゅのマントが僕の叫びを聞いて欲しい時のエリックマントに見えたり。
ていうか、ちぎーちゅはエンジの軍服×茶色いマントという色合いが既にエリックだった…(だから何、て感じですが)。


ということでネタばれであります。

2009050115:30
posted by 海野モノトモ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

俺ってプロバイダー!…オーケンMIDNIGHT PLUGLESS CAFE


ってオーケンがMCで言ってたの。
そのあと「俺ってブログ!」とも言ってた…。

バンドマンとして肝に銘じていることがメンバーへの「ほう・れん・そう」なんだって…。
会社員でありながらわりとほうれんそうを怠りがちでスタンドプレイに突っ走る私ですが、バンドマンもほうれんそうやってるんだから私もやろうOL(…たぶん)だもの!と思った次第です。
報告連絡相談!(であってる…か?)

ということで、オーケンは相変わらずとってもおしゃべりでした。


そう、ルーナ先輩と歌舞伎町奥の新宿ロフトにて、オーケンのプラグレスライブに行ったわけです。
突っ立ってアンプラグドってどんだけ苦行なんだ…ってくらい、飛んだり跳ねたりのライブよりもヘットヘトになりました。

アンプラグドということで、スウィングしながらモッシュやらダイブやらをしろとのお達し。
全部はできないので(当たり前)、せめて脳内スウィング。
×ジャンプ(ダメジャンプ)も胸元でちっちゃく。
アンプラグドだからね!

オーケンも座ったり立ったりしつつまったりとお歌を歌い、楽器はギターとかピアノとかアコーディオンとかバイオリンとかパーカッションとかそういうの。


主な曲は(覚えてる分だけ)、ロシアのサーカス団から呼び出された[OUTSIDERS]、愛情が減ることを知っていて愛し続けた[パディー・サワディー]、片づけられない様子にまるっと共感の[あの娘が遊びに来る前に]、 ラブソングの名曲[あのさぁ]、アンプラグドの意味を考えざるを得ない[踊るダメ人間]、わーんエリック!って思う[僕の歌を総て君にやる]、ブレブレブレブレな[人として軸がぶれている]、マルグリットとアルマンを想う[テレパシー]、 お別れだけど繋がっていると信じたい[アザナエル]。

ほかにも何曲かありました。
アンプラグドだとオーケンのリリカルな歌詞がじんわりと聞けていいなあと思いました(次回は座って優雅に聞きたい)。


終わった後は疲れた体を引きずって、ちゃんこ食べて帰りました。

posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。