2009年09月06日

スーツケースいっぱいの思い出を…男と女


まあなんというかまずは千秋楽から。
東京公演から大阪にかけていくつか残っているので、もじもじと更新していこうかとは思っています…。


何度かコンサートを観ながらつれづれと思うに、姫様の女子姿はもはや全く違和感がないのですが、ただスカートをはいている時はちょっとした不思議感が伴います。
それは男役姿を見ているときと同じような感覚です。

そもそもスカート姿の姫様と男役の時の姫様はナンダカニテイル。。。
男役の時は男役としての“意識”を、またスカートをはいているときはフェミニンな女性としての“意識”を常にまとっているわけで、その“意識”が、姫様をハルノスミレという名のキマイラに変えてしまうのかもしれません。


パンツスーツは多分そういう意識とかはなく、ごほんにんも一番自然な状態なのかなあと思う。
だってパンツスーツの方がよっぽど自然で女の子っぽいんだもん。

ま、なんでもだいすきだけどねっ


そんな姫様の千秋楽ですからぶっ通しでキマイラ化。
演奏も、姫様の歌も、ひとつひとつの音をいとおしむようだった。

2009090613:00
posted by 海野モノトモ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。