2008年06月15日

美食のまち長崎…雪組全国ツアー



チラリと書きましたが、長崎に行きました。
もう一ヶ月近く前のことですが…いつの間にこんなに時間が経ったんだろう。

一泊二日の滞在で角煮まんとトルコライスと皿うどんとちゃんぽんとひとくち餃子とごまおじやとカステラと68センチパフェを食べました。

間に合ったら観ようと思っていたバッハ編もみましたよ。

当のバッハ編は既に千秋楽を迎えているのだと思いますが、せっかくなのでちょろりと書いておこうかなあと思います。
だって9月までアレなんだもん。






………えっと。
えーっと。

こんなに何かを文字化しにくい作品は初めてです。

もしかしたらいろいろわたしの中で受け入れ拒否をしているからかもしれません。

アントワネットとアンドレが出てこない…
フェルゼンがいっつも幕の前でひとりごと言ってる。

ジェローデルがオスカルの分身だった…。
庶民のことを考える貴族はオスカルだけでいいのに、妙に庶民に寄り添っていた。
オスカルの孤独を引き換えに貫いた“異端思想”の気高さを踏みにじられ、ジェロデが貫いた貴族としての矜持も疎かにされた気持ちでありました。

そしてイラついてバラを食べているオスカルに「あなたはバラを食べるのですか」というシニカルな面がわかるシーンがあるのですが。
…バラ食べてないオスカルに向かって言ってましたが…何が言いたかったのだろう……


ジェローデルは貴族として生まれたことに誇りを持っている。
何の疑問も持っていない。

市民を護って近衛連隊の前に立ちはだかったオスカルに私の屍を越えていけと言われた時、ジェロデは平民のためではなく、国王を裏切ったのでもなく、ただオスカルに敬意を表して身を引いたのです。
今回のジェロデはなんか妙に市民を理解してたし、だいいちフタマタかけてたし。

ソフィアは毅然として詐欺師みたいな詭弁を並べたててたし。

ほんと愕然としてナナメになってたのですが、ばあやがフェルゼンにオスカルとアンドレは死にました、って言ったのを聞いてうっかり落涙…

だってあの…原作のあのシーンがフラッシュバックして…!
原作ファンの業かもしれません。

まあそんな涙もマロングラッセに着替えを手伝わせようと颯爽と引っ込んでいったフェルゼン伯のおかげで引っ込んだわけですが。

そしてショーもあり。
アクアなシーンのハモリでみずさんが盛大に違う音で入ってきてじゃっかん冷や汗をかきましたが、みずさんの笑顔で帳消しにしといた。


となみちゃんはやはり時代物になると向かうところ敵なしでした。
悠然として気高い存在感。
文句を言わせないほどの圧倒的な華。
うっかり“すごいもん観てるんです”という気にさせてしまうあの舞台力。


みずさんととなみちゃんのコンビの面白さは、持ち味のちぐはぐさにあると思う。

時代物だとあの圧倒的な存在感で舞台に君臨するとなみちゃんは、時としてみずさんだってひとのみに飲んでしまう。
今回のソフィアしかり、まえの玉勇しかり。
でも、ショーだととにかくおぼつかない…!
みずさんが一方的にリードしてとなみちゃんが一生懸命ついてってる感じなのであります。

だから、みずさんが「やるときはやる頼れるひと」に見えるし、となみちゃんもとにかく頼り切っている。

おぼつかないとなみちゃんを見るみずさんが、成績はいちばんなのに体育がとにかく苦手な優等生女子を見るようなはにかみを含んだ優しい目になるのがすごく好きです。
よいコンビだなあと思いました。

だから、雪組でみるなら一本ものじゃなくて、芝居とショーのセットの公演がいいなあ。

そういえばおとづきけいちゃんのオスカルは、オペラなしだとコムちゃんにうりふたつだった。

あと黒燕尾シーンでいっぽくんに激似の男役さんがおったのですが、フィナーレで見失う…
同行の先輩たちにいろいろ聞いてみた結果、可能性としてはだいごせしるくんであるような。

笑ってないと似てるの…ほんとに!
リーゼントのつくり方とかカッと見開いた目とか(…だいごせしるくんじゃなかったらすみません)

大王が花組にDNAを遺したように、いっぽくんも雪組にDNAを遺して花組にきたんだなあと思いました。
posted by 海野モノトモ at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たぶん真波そら君だとおもいます。
ターミネーターの所でとなみちゃんにハンガー代わりに
ジャケットをかけられていました。
あと、みわっちに激似な子もいますよね(笑)
Posted by カトリーヌ at 2008年06月19日 13:04
たぶん真波そら君だとおもいます。
ターミネーターの所でとなみちゃんにハンガー代わりに
ジャケットをかけられていました。
あと、みわっちに激似な子もいますよね(笑)
Posted by カトリーヌ at 2008年06月19日 13:05

>カトリーヌさま

真波そらくんですか!

ターミネーターってあの石のところですよね…あそこはとなみちゃんに気をとられてて…どうも他の記憶が……

ちなみに私がいっぽ君に似てる!と思ったのは黒燕尾のシーンでした(フィナーレで見つけられなかったということは、笑ったら似てなかったってことだと思います)。
確か階段で並ぶところで、いちばん下手寄りの列のラギィ殿ではないひとでした。

みわっち激似の子はまだ発見できないでいます…次の公演の宿題が増えました〜。

コメントありがとうございました!
Posted by 海野モノトモ at 2008年06月22日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。