2008年09月04日

歌はぼくのビタミンなんです…Myheart


 

ということでどーにかこーにか仕事を終えて帰宅(正しい打ち合わせができたかどうかとても怪しい…)。


コンサート初日の追記です。


とはいえ、洋楽に明るくないため(っていうかまっくら)、いつにもましてアレなレポートになるかと思われます。


パンフレットにセットリストが載っているといいのだけれども。
今日はおとなしく列に並んでいられるようなアレじゃなかったのでまだ買ってないんです。



ネタバレです。



 




とにかく無遠慮にネタバレ。


しつこいようですがものすごくネタバレです。
初日なので、まずは大王そのひとの動向中心で…


 

お化粧はすごくきれいだったー!
二階最後列から見てたのでなんつーかフツウに目のおっきいひとだった(…すみません言い過ぎた)。

相変わらず雄弁な背中を持つお方である…
 


冒頭、シルバーのドレスっぽいコートで登場。
たぶん大王作詞(作曲も、かな?。
去年の冬の日にみた、歌劇団に思い出以外の17年分の“男役”を全部返してひとりのひとになっていったあの姿を思い出すような歌詞。
切なくなるのと同時に、そんなひとが今私の目の前で歌っているのだという事実が奇跡に思えて打ち震えました。


舞台上でコートを脱いだらピンクのタキシード的な上着にパンツ、スターブーツも履いてた。
でも“ちゃんと女性”で、英語の曲を数曲。
ここらへんから大王の緊張がダイレクトに伝わってきて、ドキドキ。


途中のMCで“もう二度とこの舞台に立つことはないと思っていた”とはっきり言っていて、何度聞いても脳みその血管が引き絞られるこころもちなのですが、そのすぐあとに“わたしのうたをきいてください”と言いました。
ものすごく平易な日本語なのですが、私には特別に響いて、ああこの人は今歌を歌おうとしているのだなあと、実感として迫ってきてぐっと来ました。

ちなみに英語の歌はコンガしか知らなかった…


黄色いヒラヒラのロングスカートにスパッツ、ストローハットで客席から登場。
上半身キャミソール状態!
コンサート中でたぶん一番露出度が!細!
私の大好きな血管とか筋とか骨張りとかそういうのをガン見。
あああああ史上初めての国宝御開帳に立ち会ったよーな気分であります。
よーするにさいこうってことです。


黒いキラキラスーツに黒いパンツ、ゼブラシャツ、髪は後ろで無造作に束ねる。
横顔の美しさが映えるなあ。
こういうかっこいい女の人いるよね!的なかっこよさでタカラヅカメドレー。
歌いなれた歌だからか、一気に緊張から解き放たれてました。
男役の歌い方とは違い、するんと歌っていながら濃密な音を次々と吐き出してました。


お次は紫のドレスに見えるようなしゃらしゃら生地のキャミソール&ワイドパンツにシフォンっぽい布たちが肩あたりにふわふわと。黒いボブのウイッグ。
………これが似合っててなあ!!
今回、ウイッグがどれも奇跡的に素敵に似合っており、時と場合によっちゃ地毛よりも好きだー!
歌も物語性があって(もしかしたらなんかミュージカルの歌か?)もちろん日本語なので、劇中劇みたいに楽しめた。
妙な?色っぽさがあってさいこうであります。
ちなみにリフトもあって、かっけーて思った。


ラストは白スーツ。
ゴブラン風の生地でガーゼ的なものがヒラヒラしていたり、腿の部分に編み込みが入っていたりとどこかモワティエ風。ロングのウイッグ(これも私すごく好きだった)。
今にも「ベストヒットたかみー☆」て言い出しそうな感じ。
たぶんセリーヌディオンか誰かの歌を歌ってた…


アンコールは終わりない旅。
初めて“もうこのひとはひとりで旅立ったりしないのだ”という安心感の中で聞いたこの曲は以前とまったく違う歌に聞こえました。

 

こんなに女性に軟着陸していく人だとは思わなかった。
無理してフェミニンによるわけでもなく(フリフリヒラヒラがお好きなようだから、そっちにいくかしらと思っていたのですが)。
男役を纏い直すでもなく。
自然体のかっこいい女性だった。
ああもうなんかすっごく嬉しい自分がいます。
いや、きっと大王を見たらそりゃ嬉しいんだろうなあと思ってたけど、想像以上に嬉しくて、もうどうしようもないわけですよ。
明日も楽しみなり。


あ、そういやギター…は?
(お手足のつめはきれいにしてた…)


 

posted by 海野モノトモ at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MyHeart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105983567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。