2008年10月19日

ともだちがいないからノートに猫の絵を描く…ソロモンの指輪/マリポーサの花

 

少し前に急性胃腸炎とかいうのになり、ご飯をほとんど食べられない状態が続いていたけれどそれでも雪組を観に行ったのです。
劇場で別のビルで働く先輩に会って「痩せたね」と10回くらい言われました。
違いますやつれただけです……


そんなこんなで観劇後、あらんけいの退団が発表になっていました。


次の公演のタイトルが発表になった時、ファンの方々は覚悟を決めたでしょう。
でも、いざ正式に退団発表されたら、きっとそんな覚悟なんて役に立たなかったでしょう。


わたしも全て通ってきた道なので、身につまされて切なくてたまんなかった。


でも姫様の時と違うのは、あらんけいは仕事をすることを明言しているから、退団は男役との別れだけれど一方では男役であるからこそ制限されていた可能性が一気に解き放たれる時でもあるのだから、ファンの方は心安らかにあらんけいをお見送りできると思う(それでも哀しいとは思うけど)。


わたしは一時は今生の別れだと思ってたもの…本当に今が幸せすぎる。
ケータイの待ち受けを見る度にっこりする日々。←待ち受けはもちろん既にマルグリット


 

オペラのいらない席で観たので、新しい発見がありすぎました(特にショー)。

例えば水な娘役さんたちや赤いとなみちゃんなシーン。
いつもあいはらみかちゃんを追うのに精一杯です(娘役ちゃんたちのフォーメーションがグルグル変わるんだもの)。
あのシーン、あいはらみかちゃんは迷いや意志のない水分そのものなんです。
その前にいるさゆちゃんが逆に意志を持っていて、その対比も面白く見ています。
そんなこんなで水の娘たちに夢中だったため、その前でみずなつきさんとあやぶきまおたんが踊っているのを今回初めて知りました…

あと、でっかい指輪の踊り場みたいなとこで踊る水さんのそばにつっかえ棒(?)みたいなのがあったのにも初めて気付いた(杖を持ってるのかと思ったらセットにくっついてた)。
あんな高いところで棒一本の支えで踊ってて、すごいなあ水さん。
われらが姫様にはとてもやらせられないよ!わたしが心配で死んじゃう。

そして、相変わらずシマウマはさいこうだなあ!というところにたどり着くわけで…


マリポーサの花。
ネロが大劇よりもべらんめい口調に拍車がかかり、熱さ倍増。
彼の熱さの中に、水さん自身の真面目さが透けて見えててグッときます。
「赤い羽共同募金おねがいしますー」の前を素通りできそうになくて、とにかくポケットの小銭を全部募金してそうなの!
いつか貰った赤い羽根をスーツのエリにさしてくるといいと思う!

エスコバルが…エスコバルの目力に何度も小さく「ひゃっ」となります。
あと、待ち合わせのシーンでマリアに「きっと急いで向かってると思うよ」と言うのを聞くと、いつも水さんがすっごく急いでいるのを想像して必要以上に楽しくなる。


ネロには恋人とともだちがたったひとりずついて、エスコバルにはともだちがたったひとりいて。
たったひとり、というところでは同じ“かけがえのなさ”なのに、その重さが違うのがとっても切ない。
ネロは近しい人たちを信じようとし、エスコバルはネロしか信じていない。
だから、エスコバルはネロのために死んで、ネロはエスコバルのためにも生きてセリアに会いに行こうとする。


おーきかなめちゃんは、凍てついた明日であいはらみかちゃんにぱっくりと食われてましたが、食われたからとて別段焦るわけでもなく鷹揚に構えてて、この人じつは懐が深い人なのかなーと思ってました。
今回も、ロジャーのとらえどころのなさとか、彼の言うことの中で何が本当で何が嘘なのかよく分からない感じとかは、あのひとの持つ四次元の懐から繰り出されるものなのかもしれません。

そしてあいはらみかちゃんはほんと活躍の場がなくて二時間が余計に長く感じられたわけですが、フィナーレの最初の方で、曲のラストにみんなで「マリポーサ!」って言うときに、あいはらみかちゃんのミニミニウインクを目撃してスタンディングオーベーションしそうになりました。


娘役ちゃんのウインクはいい!
じゅりあのウインクもたいへんおよろしかった!!

 
posted by 海野モノトモ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108292222
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。