2008年10月26日

懐かしのあの歌、あのメロディ…銀ちゃんの恋


懐かしいと言っても初演を見ているわけではありません(映画は観てるけど)。

JR京浜東北線蒲田駅で、電車の発車合図に流れる曲はかの蒲田行進曲なのであります。
学生時代時々蒲田に行っていたので、懐かしかった…駆け込み乗車常習犯だったあの頃…(曲が始まると同時にダッシュしてた)。


そして、ポスターを見てわくわくしてた公演であります。
おーぞらさんは手にしたはえたたきでどのかわいこちゃんのお尻をたたくのか、期待はムダに膨らんでいったので。


…結論から言うと別に誰の尻も叩きませんでした。ちぇ。


 

えーネタバレです。
映画のネタもさらりとバラしてます。


花組のひとびとが大活躍で嬉しくて楽しくてもう大変であります。

ゆゆがキャバレーなダンスを踊り、タカラヅカ随一のぷりっけつを惜しげもなく披露していて、待った甲斐があったーと思ったのでした。
ほっぺもかわいいの!
後に裏方(メイク)さんで出てきました。
かわいいのに裏方なんてもったいないよー


おーぞらさんが、いつもよりも4割増シャガレで色っぽかったです。
何が本心なのか分からない感じとか、天真爛漫と言うか天衣無縫と言うかそういう感じなのにふと見せる不安そうな感じとか、孤高の天才・よこやまやすしさんを思い出しました。
生きにくそうだなああの人。
でもヤスや他のみんなが銀ちゃんに惹かれてしまうのは、その才気走ったさまなのだろうなあ。
エキセントリックなくせに繊細(エキセントリックだからこそ繊細?)、というめんどくさい色っぽさにすごくぐっと来ました。

そんな銀ちゃんが天然系宇宙人・きらりに振り回されすぎていて、それはもう最高でありました。

きらり!きらりはかわいいなあ!
きらりはくまが似合うなあ!ミニスカートが似合うなあ!ペロペロキャンディーだって似合うぞ!
きらりはかわいいなあ!
声もすっごくかわいくなってた!

チーママひめかちゃんの「へえ、ししとうでっせ」にもう優勝カップをあげたい(何のだ)。
ちょっと特徴ある声が良い方に作用していてとても色っぽかった。
京都なまりになったりヤスの故郷なまり(どこだっけ…)になったりと大活躍でした。

さあやは相変わらず大活躍。
安心して観られるなー

みつるくんは相変わらず…相変わらず熱いヤツだ。
美貌封印で、緑のジャージに赤い靴下がまたオツでありました。
そしてきらりと同じくらいくまのぬいぐるみが似合ってた。

パンフのののすみちゃんがとなみちゃん似の美女だった。

でも、舞台のののすみちゃんの暴走系攻め芝居にビビりました…。
おーぞらさんとみつるくんが受けの芝居をしていたからいいものの…

ひとりでひとりの穴を掘り下げていってもそこには何もないと思うのだけど。
舞姫ではエリスと言う人物がそういう娘だったから良かったものの、小夏はいろいろな人と関わって、関わるからこそ気持ちが揺れるのだと思う。
今回のののすみちゃんは自分で自分の気持ちを揺らしてたっぽいのがいかんとも…。
このままだと「私ってかわいそうなの」とアピールしまくる違う意味でかわいそうなおんなのひとになってしまう…。

 


そしてやっぱり芝居の構成に無理があったような気がする…(ここからラストについての盛大なネタバレスタートです)。


結局、すべては銀ちゃんという落ち目の役者のことを描いた『映画』だったのだ、といういわゆる“劇中劇”(と言っていいのかどうか…)というオチだったわけですが。
原作(映画)は、出産が終えて目を覚ました小夏を覗き込んでいたのが傷だらけのヤスと生まれたばかりの娘であった、というラスト。
それだと銀ちゃんは失恋しちゃうわけで、タカラヅカ的に問題があったのだと思う。

だから、“劇中劇”はアリだと思いますが、いかんせんその『映画』が何の収束も見ていないあたり、困ったあげくお茶を濁した感がアリアリなのであります。
そういうオチにするなら『映画』をきっちり創りこまなくちゃいけないと思うのです。

銀ちゃんは、ヤスは、小夏はどうなったのか。
初見の観客は彼らに寄り添って物語を辿ってきているのだから、最後に大きな仕掛けがあるとしても『映画』の中でそれをきっちり書いて欲しかった。

あのドリフ的なオチに涙が引っ込んだ!っていうか泣いた自分がちょっと嫌いになった(そうわりと本気泣き)。
銀ちゃん&ヤスが出てくるのは監督の「カット!」の後でいいですよいっそ…
だってさんざんシリアスで進んできて主役が棺桶から出てきて何が起こったんだかわからないまま終わる『映画』なんて…それは名作足りえるとはとても思えないというか。


「なーんだよかった」と思うのはいいなあと思いますが、「今まで出た涙は一体なんだったんだろう」とむなしくなるのはやだなあと思ったのです。


でもなんかおーぞらさんが豆電球が似合ってたのでよしとしてわりと満足して帰ってきました。


追伸;銀ちゃんが宝塚を退団したナントカさんとミュージカルをやるっていってたけど、それってはるのすみれだ!と思った人はきっと私だけではあるまい…(何でもすぐそーやって考える)。

 
posted by 海野モノトモ at 03:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、もちろん私も思いましたよ、銀ちゃんがミュージカルをやる人はあの人だ!って。
そのセリフだけでどんだけニヤニヤして、物語に帰れなかったか。。。
私にとって(アリエナかったけど)最高の組み合わせですから。
このセリフのために通いました(と言っても過言じゃない)
実現すればいいのにっっ!
Posted by えすえす at 2008年10月26日 19:42
>えすえすさま
色々と遅くなってすみませんでした…!

やっぱりねー思いますよね!
しかし銀ちゃんはどんなミュージカルに出る予定だったんでしょうね。
和物?

でももしリアルで実現したらえすえすさまは目がふたつじゃ足りませんねー

夢はいつか叶う、ってエリックも言ってたもの…願い続ければ、きっと…!
Posted by 海野モノトモ at 2008年11月03日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。