2009年03月07日

よんせんつぶの恋ものがたり…マルグリット


千秋楽です。
これで大阪遠征分の更新が終わりましたー(トークショーの追記と3回分の観劇と)。

フウすっきりした…!
事情があって(byマルグリット)、書いていたにもかかわらず、更新が遅くなってしまったのでした。
日生公演の時は、もうちょっとタイトに整理してある頭の良さそうなブログにしたいです(叶わぬ願いかも)。





ある意味ネタバレっぽくもあり。
そうでないっぽくもあり。

面白いひとびとのコントのようなカーテンコールだったので、そちらをメインに書きたいかと思います。


特筆しておきたいのは、今回のマルグリットは少しお姉さん風味だったことでしょうか。
いや前から40歳なんだけど、前楽の時は恋をして少女に戻っていたような感じだったのですが、千秋楽ではオトナのまま少女のような恋をしていたというか。

あと、チャイナドールが絶品でした。
アルマンに促されて歌いだし、パーティーの参加者達から拍手をもらった時、マルグリットが優雅に一礼!
アルマンが見た、プレイエルホールなる場所で歌っていたその頃を髣髴とさせるような優雅で堂々とした振る舞いにうっとりであります。
オットのひとに手紙を書かされたあとのマルグリットは何だか大変ご立腹でした。
自分の気持ちを踏みにじられた怒りだったように思います。

「必死だな?」と言って覗き込んでくるオットのひとのことも睨みつけて一歩も引かなかった。
千秋楽でニューバージョンをたたき出すのも姫様ならではかと…。


そしてカーテンコール。


*ピエロとオットのひとのコントショーみたいなカーテンコールでした。
*オットのひと「ではこれから山崎裕太ショーを…」。
*しかも「日生では山崎裕太ショーがもれなくついておりますので東京の方にお勧めください」。
*すぐにピエロショー(?)が展開。
*大阪では将軍の家から盗んできた“戦利品”でたこ焼きを出そうかと思ってたらしい。
*「葉巻とーチーズとーたこやきとー」。
*あと、ラストシーンでは客席で医者を探そうかと思ってたらしい。
*「お客様の中でお医者様はいらっしゃいますか〜」
*オットのひとがしれっと「ま、本当に見つかっても困るしね。うっかり見つかってマルグリット助かっちゃったりね」。
*ピエロとオットのひとの漫才に姫様大爆笑。
*ありがとうピエロとオットのひと!
*姫様が笑ってるだけで嬉しいです。
*姫様は他にしゃべってくれる人がいたらムリにしゃべろうとしませんが、その代わり特上のニコニコが拝めるのです。
*その後、話を振られた姫様は、のんびりと「寺脇さん本領発揮ですねえー」。
*オットのひとは軽妙に答えて曰く「そうなんですよー出ても誰も笑わないから“スベってる!受けてない!”とか思っちゃってー」。
*オットーが出てきて客席大爆笑だったら、オットのひと的にも困ると思う。
*キャストの挨拶に。
*影の親分・ジョルジュは「すみれさんをいじめてごめんなさいね、ほんとはやさしいんです」。
*田代くんが「マルグリットは日本初演で、ぼくはミュージカル初出演で…云々」と、淀みなくよいことをおっしゃる。
*「では寿美礼さまに〆てもらいましょう」とテキパキ仕切るオットのひと。
*ふと、笑いながら口元をさわってた姫様を見たオットのひとが「寿美礼さま、ヨダレですか?」。
*姫様またもや大爆笑。
*「最後のご挨拶ですので、ヨダレたらしながらじゃだめですよ」とオットのひとがたたみかけ、姫様さらに大爆笑。
*そして寿美礼様は笑いながら「みなさんないんですか?」とアンサンブルのかたがたに振る。
*手が挙がらないので、にっこり笑って「では。本日はほんとうに…」。
*田代君よこでずっこけ、オットのひともカクッとなる。
*フツウなら、それプラスもう一言だから。
*姫様なんでみんながずっこけたかわかってないままにへっと笑って、気を取り直して。
*「本日はほんとうにありがとうございました」。
*言い切りおった。
*あくまでもひとこと!たったひとこと!
*…ひめさまにとっては「本日はほんとうにありがとうございました」もひとこととカウントされる模様。
*ひとことどうぞ、って言われたから一言で〆たんですよね!
*共演者苦笑気味でそれでもみんなニコニコと幕。
*姫様の突拍子のない天然ぶりを共演者の方々に受け入れてもらってるとなんかすごく嬉しいであります。


日生でてぐすねひいて待ってます。

posted by 海野モノトモ at 02:35| Comment(2) | TrackBack(0) | マルグリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりですー!
お元気そうですね!ワタシも元気ですっ!(ぇ

海野さまの流石のレポを拝見し
ただただ感動致しました。すごいー

梅芸の怒涛の完成度の高まりは圧巻でしたね。
オサ様(と、その舞台)がナマモノなのは重々承知のはずが
恐るべき速度ですべてが構築されていくのを目の当たりにし、
うれしいやら、感動するやら、ビビるやら・・・ぶるぶる。
周囲を思いのままに巻き込むパワーも強大化した!と思いました。
「組のトップ」と「座長」というのは
巻き込み方の種類が違うのかな?とも思ったり。
カーテンコールの居住いも全然違いましたもんね。

日生は行けなくなっちゃったので、
首都から遠い地方のかたすみで
海野さまのレポをてぐすねひいて待ってます!
Posted by みつよ at 2009年03月09日 20:13

>みつよさま

お久しぶりです〜お元気そうで何よりです!
ご覧の通り、わたしも元気すぎるくらい元気です…

本当に梅芸の進化&深化には目を瞠るものがありましたね…!
アクトがあったからこその急速変化だったように思います。

ほんと舞台はナマモノというかバケモノというか…なにがどーなるかわからないものですね。
だからこそ何度も見てしまうと言うか!(何かへの言い訳…?)

たしかにカーテンコールの時も姫様はなんか代表者というよりラスボスみたいな存在感でしたね。
鷹揚さに磨きがかかっていたような…。
それはそれでだいすきなのですが!

日生これなくなっちゃったんですね…残念ですね。

みつよさまの分まで(!?)、日生での最終進化を見届けたいと思います。
あ、あと二週間しかない…!

コメントありがとうございました!
Posted by 海野モノトモ at 2009年03月15日 03:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115352202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。