2009年03月20日

たからくじあたった…マルグリット



今日はファンクラブの総見で、しかし朝の9時過ぎまで仕事をしていて、寝ずに風呂に入って日比谷へ向かう。

しかもすごく季節を先取りした服装で出かけ、ブルブル震えてました。
家の中から見た外はあたたかそうだったのだもの。


当日開場でチケットの封筒を引いて席が決まるくじ引き的抽選方式。
なんとなくいちばん手前のチケット入れを手に取ったら…さいぜんれつのセンター、じゃっかんチャイナドール寄りとかいう夢のよーなおせきでした。


ビンゴにも当たったことのない私が!
宝くじも当たったことのない私が!!


眠くなんかなるもんか。
宝くじでごおくえん当たってもこんなに嬉しくない…!

公演も素晴らしかった。
こんなに近くで見たのなんて初めてなので、何かを感じるとか考えるとかそういうことも、舞台の大道具の一部になったみたいにただ舞台を見つめ続けていました。
アルマンとマルグリットが密会する公園の木だったり、オットーが投げつける握りつぶした手紙だったり、ピエロが自慢する葉巻だったり、アネットとルシアンが聞いてるラジオだったりしました…あのときの私。
…それくらい近い体感だったってことです…。

やっとこ我に返ったのはカーテンコールだったよーな。
というわけで今回の特筆はカーテンコール。



*1度目のカーテンコールは優雅に礼。
*しかし二度目に幕が上がってひとりで舞台に立った姫様、にへ、と照れ笑いしてふにゃーという質感の礼。
*…なんでー!なんだそりゃー!かわいくてしぬ…!
*姫様にトークを促す出演者のみなさま。
*「あ、やっぱり?」といった風で半歩前に出た姫様「本日はほんとうに…」。
*あーいきなりシメですよ!(なんとなく予想してた…!)
*周りの人が揃ってガクリ。
*アルマンとオットーが両隣で人差し指を立てながら、モウヒトコト!モウヒトコト!
*姫様、あーそうなの?というような様子で「スタッフと出演者と共に…」と、わりと紋切り型のごあいさつ。
*のんびーり話す姫様の横で、ガンバレガンバレと拳を握ってエールを送るアルマンと、俺が喋った方が話が早いなーと思ってそうなオットー。
*大丈夫よアルマン!
*ファンは(少なくとも私は)それこそ初孫しかも外孫のよーに愛でているから!
*あとヘンな間にも慣れっこだから!
*むしろヘンな間すら愛でているから!
*立っても座っても転んでも泣いても笑ってもなんでもかわいいから!
*幕が下りる前、次のカーテンコールではもちっと頑張れ、と言われてました。
*次に幕が開いたらピエロが上着を脱いで、火を消すような要領で姫様に風を送ってました。
*なぜかしら。
*そしてふたたび促された姫様「スタッフと…」。
*さっき言った!と出演者一同がそして客席全員が思った、と思う…。
*姫様自分でもそう思ったらしく途中でやめて「えー……、…頑張りたいと…頑張ります!」。
*言い切った!
*うん応援する!
*何度目かのカーテンコール、客席の「もう一回歌って」というむちゃぶりに、姫様は笑いながら首を振るも、ピエロが進み出て咳払い。
*「お前じゃない」というオットーのツッコミが入る。
*オットーが「じゃあはじめからもう一度やりますか」と言ってマルグリットのパントマイムを始める。
*エアマルグリットを運んできてエア椅子に置き、すぐにマルグリットになってエアアルマンに向かって「アルマン…」とエア呼びかけをして手を伸ばす…オットー熱演。
*ピエロは横でエア拷問を受けてるし。
*姫様大爆笑だし。
*かわいいし!
*そしてぐだぐだのまま「ほんじつはありがとうございました」
*え、いいの!? ま、まあいいか…(はるのさんがいいなら)、といった風情でみんなヘナヘナと笑ってました。

 
あーもう好きすぎて死ぬかと思った。

トークショーの件は日を改めて。
なぜなら今にも眠りに落ちそうだから…

posted by 海野モノトモ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マルグリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。