2009年03月28日

あなたのそばでは 永遠を確かに感じたから…マルグリット



夜空を焦がして 私は生きたわ恋心と。


せなじゅんのコンサートが呼び水となり、久しぶりにポルノを引っ張り出して聞いてます。


そんなこんなで、今日は仕事先の方をお連れして堂々と(?)観劇!

劇場前で待ち合わせしている方をお待ちしていたら、鮮やかなグリーンのスカートからほっそりと伸びる足が劇場の入り口に吸い込まれていきました。
なんとなく顔を見たらじゅりあでした。

じゅりあー!
あなたアクトにも来てたのに!
しかもかわいいし!(関係ない)

ていうか、アクトのわりと早い時期の公演を観た花組のひとびとは日生の公演も観た方がいいと思っていたので嬉しかったです個人的に。
あやねーやみんなもくればいいのに!(と無理をいってみる)


 

 
今日のマルグリットは自分を一生懸命保とうとしている女性でした。
冒頭のパーティーのシーン、皆がやいのやいのと楽しんでいる時、ふと窓の外を見たマルグリットが振り向いた時に大変冷徹な笑みを浮かべていて、ぞっとしました。
だからこそ「私幸せよ?」という言葉が空虚で、そのからっぽ感をマルグリット自身がいちばんわかっているから、アルマンに押し切られちゃうんだなあと思いました。


そういえば、アルマン・マルグリット・オットーのさんにんで歌う酔いしれたままの歌、マルグリットのところで、アルマンが合いの手(?)というか、そんな感じで歌を重ねていました。
今まではなかったと思うのですが…多分(なぜか自信が全くない…)。


どーんと飛んでジョルジュとのシーン。
ジョルジュなら助けてくれると信じていて、だからこそジョルジュの言動に打ちひしがれておりました。
ちなみに、ジョルジュの差し出した金を振り払う時、怒りとしょんぼりが混じったようなうめきみたいな声を短く発してました…。


何故こんなことにの歌も、途中でアルマンを思い出してほやーっと笑顔になって、でもすぐにアルマンがいないことを思い出して笑顔のまま絶望に変わっていくのが、かわいそうでどうしようもありません。


死ぬ時、泣いてました。
最後に流す涙、というより、会えたのにすぐに別れなくちゃならないことが哀しくて切なくて、子供みたいに無防備に泣いてました。

三公演を残したこの時になってニューバージョンを叩き出しますよこのひと…!
アルマンの頬に触れながらちっちゃな女の子みたいに泣いてるマルグリットを見ていたら、私は死にたくないの、と言っていたのを思い出して切なくなりました。

ただ嗚咽気味に泣いている上、のけぞった体勢のためか、曲の途中で一瞬ノドを詰まらせて、ヒイ一大事!
でも、胸元にあった自分の手で瞬間的に、かつごく自然にノドをぐっと押さえて整え、何もなかったかのように歌い続けました。
……なんて荒療治!

 

その後、会社に行ったりして、
皆さん男役の姫様しか知らないので、わりとボーゼンとしてました。
「顔は変わってないのにからだが半分くらいの細さになってる!」と言ってました…
そんなことあるわけないじゃんよ?

ご飯を食べに行ったりしてもにゃもにゃ話していたのですが、皆さんがマルグリットの感想を話し始めたのは10時過ぎでした(それぞれに脳内で整理をし続けていた模様)。


明日は久しぶりのダブルヘッターなので、早めに寝ようと思います…あれえでももう三時…。

posted by 海野モノトモ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MyHeart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。