2009年05月01日

俺ってプロバイダー!…オーケンMIDNIGHT PLUGLESS CAFE


ってオーケンがMCで言ってたの。
そのあと「俺ってブログ!」とも言ってた…。

バンドマンとして肝に銘じていることがメンバーへの「ほう・れん・そう」なんだって…。
会社員でありながらわりとほうれんそうを怠りがちでスタンドプレイに突っ走る私ですが、バンドマンもほうれんそうやってるんだから私もやろうOL(…たぶん)だもの!と思った次第です。
報告連絡相談!(であってる…か?)

ということで、オーケンは相変わらずとってもおしゃべりでした。


そう、ルーナ先輩と歌舞伎町奥の新宿ロフトにて、オーケンのプラグレスライブに行ったわけです。
突っ立ってアンプラグドってどんだけ苦行なんだ…ってくらい、飛んだり跳ねたりのライブよりもヘットヘトになりました。

アンプラグドということで、スウィングしながらモッシュやらダイブやらをしろとのお達し。
全部はできないので(当たり前)、せめて脳内スウィング。
×ジャンプ(ダメジャンプ)も胸元でちっちゃく。
アンプラグドだからね!

オーケンも座ったり立ったりしつつまったりとお歌を歌い、楽器はギターとかピアノとかアコーディオンとかバイオリンとかパーカッションとかそういうの。


主な曲は(覚えてる分だけ)、ロシアのサーカス団から呼び出された[OUTSIDERS]、愛情が減ることを知っていて愛し続けた[パディー・サワディー]、片づけられない様子にまるっと共感の[あの娘が遊びに来る前に]、 ラブソングの名曲[あのさぁ]、アンプラグドの意味を考えざるを得ない[踊るダメ人間]、わーんエリック!って思う[僕の歌を総て君にやる]、ブレブレブレブレな[人として軸がぶれている]、マルグリットとアルマンを想う[テレパシー]、 お別れだけど繋がっていると信じたい[アザナエル]。

ほかにも何曲かありました。
アンプラグドだとオーケンのリリカルな歌詞がじんわりと聞けていいなあと思いました(次回は座って優雅に聞きたい)。


終わった後は疲れた体を引きずって、ちゃんこ食べて帰りました。

posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。