2009年05月24日

ふっつり悋気せまいぞと…5月歌舞伎座夜の部


大劇場へゆうがさんの公演を観にいきました(かなり前に)。
あんまり切なくて書いてませんが、それは後にアレとして、昨日歌舞伎座に行きました。


歌舞伎座の改築まで1年くらいらしく、カウントダウンの掲示板が出てました。
中学時代から通いはじめてすっかり慣れ親しんでいるので、ここがこの風景じゃなくなる日が近いのかと思うと、ちょっとしんみりしたり。しなかったり。


万難を期して休みを取り、用事の前に暫と寿猩々と手習い子を幕見で観て、用事を済ませて夜の部に参戦しました。

暫のえびさまの隈が、骨格にあってない感じで妙な違和感。
立体的じゃないというか、仮面をはっつけたみたいになっている。
団十郎はこの上なく美しい隈を取るのになあ…教わった方がいい…。

そして、80歳のおじいちゃんが10代になる前の少女の舞踊を踊るのをみてロックを感じました。
かっけー。

 


■毛剃
汐見の見得を観に来たと言っても過言でないのであります。

荒事の無邪気な感じ、和事の忙しい感じが同じ舞台にある面白さというのが大好きな演目。
団十郎と藤十郎の掛け合いがかわいくって心がなごみます。


団十郎の毛剃。
海の上にいたため、潮にあらわれて肌も黒く、髪も伸びて焼けてしまったどてら姿の海賊から、風呂に入って髪を結いなおし、月代も剃ってすっきりと出てきた男ぶり。
豪快でおおらかな海の男が団十郎にぴったりでした。
やっぱり痩せていて、元気玉をプレゼントしたくなるような気持ちに。

小女郎はお菊ちゃん。
美しく、出てきただけで花が咲いたようになるというのはこういうことなのだろうなあと思いました。
値二千両の傾城にふさわしい華。
時々梅幸さんに驚くほど似ていてびっくり…!(おじいちゃんだから似てて当たり前だけど)
髪梳きが、思ったよりもさっぱりしてたのは、ちょっと残念だったかも。

宗七は藤十郎さん。
ひとこと多い感じとか、ちょっと空気を読まないせわしなさとかを魅力につなげる技量が、このひとならではです。
いやあ、かわいい!まるくて。


■夕立
本で読んだりして、観たくて観たくてたまらなかった演目が、ついに…!
だってこれ40年弱上演されていなかったわりに、内容がわりとセンセーショナルなので有名な演目でした。

山の中で雷で気絶した奥女中が、粗野な盗賊に手籠めにされて男の味を知って、勤めを捨てて男の妻になると言い出す、というなんともピンクな展開の話です。

菊五郎の盗賊・七之助が悪くてエロくて色っぽい。
時蔵の滝川が、奥女中らしい高嶺の花っぽい硬さと、まるであえぎ声でできてるようなエロさ。

また、清元なのがとにかくエロいわ…あれはエロい。
なんだかものすごい濃厚なラブシーンを観ているようなドキドキ感がありました。


もちろん行為そのものを描くことはないのですが。

七之助は滝川を刃物で脅して帯を剥ぎ、物陰へ行く。
そして、物陰から乱れた着物をなおしながら出てくる女の姿が、乾いていた地面が雨で濡れて色が変わったみたいな変化がありました。
そして彼女は一人で今自分に起こったことを反芻して、そして勤めよりも色欲をとるのですが。

そこからは七之助が出てきて、二人でのやり取りになります。
乱れた髪を整えてやる髪梳き、滝川が匕首を七之助が持つさやに入れる手付き、なにもかもエロすぎる(両方とも歌舞伎の決まり事で“だんじょのまぐわい”を象徴しています)。

たびたびねっとりと絡むふたりの視線に血液が沸騰しそうになりました。


下品さとエロさ、そしてそれを下品なまま、エロいまま取り込む気品と美しさこそが歌舞伎であり、歌舞伎の芸であるのだなあと思いました。

 

■神田ばやし
とにかく三津五郎さんでもってるかんじでありました。
いい話なんだがなあ…キーパーソンであるえびさま演じる留がまるで新人公演のようで…。
留の本役さんをだせー!と言いたいくらい…(十一代目がやるはずだったからというだけでのキャスティングなのがいっそ痛々しい)。
世話物の板についてないというか。
江戸の長屋の中ひとり現代人とは、こはいかに。
歌舞伎の舞台でアレでは及第点に遠い。

いい話なのになあ…ていうか三津五郎さんが留をやれば万事解決なのでは!
あ、猫をかわいがっていたえびさまはさいこうにかわいかった。


■おしどり
夕立を観た後だと、なんともさっぱり味でありました。
キャリアが違うものな。

長唄三味線に乗っての、相撲のことはじめ。
おきくちゃんはすくすくと育っているなあという印象(このひとは歌舞伎界随一の美声)。
たつのすけは走り気味だけれど、がんばっている。
そしてえびさま………読経かとおもった…
研鑽の跡が全く見えない…なんだろう顔面はほれぼれするほど美しいのにもったいない。

全体的にまだ硬い…
以前福助・梅玉・橋之助で同じ演目を観た時は…もっと起伏に富んで面白かったように思うのに。
それぞれがもっと自由だったというか。
今回のさんにんは、自分の役割にがんじがらめになっているようだった。
えびきくのおしどり、絵面だけみたら愕然とするほど美しいのになあ…。

ひよひよと舞うつがいのおしどりを観ながら、四半世紀後に彼らが濃厚なラブシーンを演じられるようになった時に初めて、あの時のおしどりはういういしとったなあ、と思うために観たことにした。
まさに新人公演のこころもち。。。

 
朝イチで暫を観た時点で気付くべきだったのかしら、えびさま新人公演なのだということを…
えびさまもそろそろ美しいだけでよしとされる時期も終わりにさしかかり、新人公演をご卒業あそばす頃ですが、ご卒業するにはちょっとまだ…なんというか、技術が……
彼が歌舞伎をできるようになるか否かで、演劇としての歌舞伎の未来が定まる気がするのですが…まだお先真っ暗であります。
 
posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
私もおささんが大好きなのでいつも楽しみに読んでいます。
そして私も歌舞伎の5月公演見に行きました!
夜の部だけですが…
えびさまがいろいろもったいないというか歯痒い思いをしたのは私だけではないのですね…彼は恵まれたものを持っているのになぁ。パパ(團十朗さん)のあの大振りな華やかさはたまらないなぁとウキウキ毛剃をみました。そしてどこかかわいらしい気がします。
私のごひいきはお菊さまなので美声と言っていただいてうれしくコメントしにきちゃった訳ですが…ほんとによい声なんです(笑)
おしどりは、十年くらいまえ、「三之助」と呼ばれていた彼らの揃い踏みをこれまたウキウキ見たわけですが…たつのすけさん(なつかしい♪)もよく通る声なので、なんというか…えびさまガンバレと。
長くてスミマセン。
Posted by ななし at 2009年05月30日 11:33

>ななしさま

こんにちは!
歌舞伎好きの姫様好きがいらっしゃるとは、嬉しい限りです…!

えびさま、ほんともったいないですよね…
華やかな容姿なのに舞台に出ると地味になっちゃう感じがなんとも…トホホ…

おきくさま、第一の贔屓というわけではないのですがわたしも大好きです。
わたしおきくさまと同い年で(もちろん何ら関係ないですが)、おうしちゃん(…)だったころからずっと観てました(それを言うならえびさまもおないどしですが…)。

おきくさまがメキメキ成長していくのが素人目にもわかったので、彼の舞台を観ながらわたしも頑張ろうとよく思ってました。

彼の声は、誰よりもよいと思います、本当に。
多分元の声質もたいへん耳心地がよいのだとおもいますが、なにより彼の努力のたまものだと思います(丑時代はそうでもなかったので)。
すべては声の出し方、ですよね。
えびさまはいっそおきくちゃんに教わればいいと思ったくらいです。
たぶんえびさまの声質はパパよりもいい、のに…ここでも宝の持ち腐れが…(せめて何言ってるか分かるように発音しろと言いたい…)。

そうそう、三之助時代のおしどり、わたしも観ました。
………えびさまひとり、成長してなくね?という気付きがまた落胆につながるハメに…


いやいや歌舞伎のことになると熱くなってしまいます。
コメントありがとうございました!
また遊びにいらしてくださいね。
Posted by 海野モノトモ at 2009年06月25日 03:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120090865
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。