2009年06月16日

お前の声ならこの先いつまでも歌えるだろう…ANGEL OF MUSIC



姫様ご結婚宣言を受けて、頭がグルグルしているため、仕事が妙にはかどります。
筋少ガンガンにかけてます。
僕の歌を総て君にやる、は名曲だなあ!

ああもう朝かね…加筆するかもしれませんが、とりあえず。


もはや狼少年ですが、近いうちにコメントのお返事をいたします…せっかく書いてくださったのにほんとうにすみません…

いつものテンションで書き留めたいなあと思って海馬を奮い立たせていたのですが(始まる前は)、あーもうムリムリ☆

姫様ご結婚報告で小ネタ系の記憶が全部ふっとんだ☆



 


 

「オールザットジャズ」を歌いながら登場。
タキシードジャズの頃ジャズが苦手だったと言っていたなんて信じられないくらい軽やかなスイング!
緊張して舞い上がっていると自分でも言っていたとおり、早く歌い出しちゃったりして…(今なら何故緊張して舞い上がっていたかわかるがね…)
それもかわいいよう。


トークはしおもんた(自称)さんの独壇場。
ツッコミの上手い司会の方(野球選手の奥様…?なんか野球ネタがあったので)で、姫様ニコニコ。

公家リズムの岡田さんと小動物リズムの田代くんが投入され、彼らのテンポがあまりにちがくてめちゃくちゃかみ合わなくて姫様大爆笑。
姫様ツボに入る入る。

姫様、ティンパニーやらシンバルを(あくまでもオサダくん風に)叩いてくれてイヤーンかわいい!


と、それだけで1時間くらい(でっかくまとめた)。


お歌のコーナー。

田代くんの「そばにいて」(一発目ということでトーク中から汗だくの緊張!)、岡田さんのマリウスの歌(タイトル忘れた…例の名曲ですよ)、そして姫様の「星から降る金」。
物語を聞かせるように静かに始まり、そして聞くものを奮い立たせるサビへの移行。
名曲!圧巻!!
ほんとうにきらきらと音が降り注いでくるみたいでした。

前半のトークでしおもんたさんが「オサさんの歌唱は、地声と裏声の切り替えが滑らかになっている」と(いうのを専門用語を交えて)ほめほめしていたのですが、じっさい歌を聞いてああこういうことか、と納得しました。
ここまでは地声、ここから裏声!ってのじゃなくてするすると音を行き来していて、ああ高い声もなんと豊かなことか。

姫様はすでに声帯の筋肉が変わっていて、男役歌唱はもう喉がキツイんだそうです(その代わり、高い声がしっかり出るようになったらしい)。

ということで、「闇が広がる」では頑張ってトートのパートを歌う(お稽古の時は一回歌っただけでヘロヘロになっちゃったそうです)。
ウイーン版のキーで、ルドルフは田代君。
トート閣下ったら座るんだ座るんだと連呼してて(本当は“王座に座るんだ”)、そんなプチ作詞もステキにゃー。
いくらでも座るものわたし!

作詞などどこ吹く風で威風堂々としたトート閣下。
そんなトートにジロリとにらまれてルドルフは「ドキッ」としちゃったそうです。
「ついていっちゃうかも」と言った田代君に姫様「素直だからついていっちゃうよね。だめだよー」と言ってました。
くううお姉さん風をびゅんびゅん吹かしていてもかわいいなあ!

「私が踊る時」はシシィ。岡田さんがトート。

岡田さんの低音に姫様の高音。
姫様は「シシィは本当に強い女性だ」と言ってました。
声を張り上げるわけでもなく、ただどっしりと強い、それでいて澄んだ歌声。

歌っていて盛り上がったそうで、シシィのめちゃくちゃそばに手を差し出すトート(リハーサルでは1メートルくらいは離れていたらしいのですが、もう手に触れんばかりの位置に出してた…)。
そして思いっきり跳ねのけるシシィ。


やっぱり姫様はにほんごのお歌がすばらしいよう!
こりゃあコンサートのチケットを買い足さねば!と思ったら、例によってめいっぱい申し込み済みでした…わたしったら。
あとは楽しみにその日が来るのを待つだけね…


最後に歌った「黒い鷲」。
女性バージョンの歌詞だったかと思います。
私はレビュー誕生をナマで観ていないので、あやねーやまとぶんとやったあのサヨナラショーのことばかり思い出します。

おめめがうるうるしてきれいだった。
かぶさってくるような歌声こそが、まるで鷲が舞い降りてきたようでした。

ランベスウォークで退場。
例のあの踊りをしながら会場を練り歩いたのですが、あの手振りが一度もできてなかったあたりかわいすぎるや!
どうしても一拍早く手を振り上げてました…。


退場後もう一回登場、そしてあの発言ですよ。

皆様にご報告することがあります、とはじまったので一瞬“これからは仕事を絞ります宣言”かと思って血の気が引きました…(卒業する頃の“もう舞台には立ちません宣言”がわりとトラウマ…)。

結婚します。


でした。
よよよかったー。しかも仕事はやめないときた!!

結婚のご報告をする時、姫様はある種ヘンな覚悟をなさっていたらしく、なんかすっごく不安そうで泣いちゃいそうでした。
客席からの大拍手にビックリしたみたいで「えーそうなのー?」みたいなことを(あくまでもニュアンス)言ってて、わたしは心で「そうだよう!」と思いました!

これからもお仕事を続けてくれるというのが何よりも嬉しくてくるくる回っちまう!

姫様はふにゃふにゃトークを繰り広げても、最後にはいつも何かを決意したように前を向いて頑張っていきます、と自分に言い聞かせるみたいに言います。
頼もしいと思いながらも、少し痛々しく思っとりました。
彼女が歩いていこうとしている道にともに歩くひとがいて、姫様が独りじゃないってのが何より嬉しい。

ウエディングドレスみたいわー白無垢もよいわー!

もちろん直接知らんので実際姫様がどういうひとかを知っているわけではないのですが、舞台やらトークやらでサクレツするあのちょっとわけわからん感じをまるっと好きになるひとがいるなんてねえ!
きゃきゃきゃ!
よかった姫様愛された!!


妹が結婚した時、両親は感無量って感じでしたが祖母はただただ嬉しそうにしていて、いま私はばあちゃんの気持ちが分かる!
痛いほどな!


ぱんぱんにはちきれそうなまま会場からタクシーに乗って、運転手さんに「ホテルでなにかあったんですか?」と聞かれたので「ええ!結婚の発表が!」と言ったら「…………それはめでたいですねえ」と返されるしまつ。

嘘は、言ってない…よ?
 
posted by 海野モノトモ at 05:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 春野寿美礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ!!めでたいですね!!
ホントに私も
きゃきゃきゃ!デス

昨日からぐるぐるしちゃって、私は逆に何にも手につかんですよ。。

やっぱり無理しても行けばよかったなぁと、今メタメタ後悔してるのですが、その分秋には爆発するつもりで、今からエンジン全開です!!

その時は呆れずにお付き合いください☆
Posted by えすえす at 2009年06月16日 18:36
私もあの場におりました。
楽しいトークに素晴らしい歌声に幸福感いっぱいだった最後にあれですよ(笑)
何てステキでかっこよくて可愛い人なんだろうと思いました。
これからも、ずっとついていくぞ!と決心し
彼女のファンであることを誇りにおもいながら帰宅しました。

夏のコンサートが楽しみですね。
Posted by バロン at 2009年06月17日 20:43

>えすえすさま

姫様ご成婚きゃきゃきゃ!

ですよねー。

来れなくなったとご連絡をいただいて、
なんてことだと思いましたが…本当になんてことだ…!

秋とは言わず、夏からエンジン全開で東京に飛んでいらっしゃいまし☆


>バロンさま

こんばんは。
バロンさまもあの場に…!

姫様は内心ドッキドキだったんだろうなあと思ったりしました。
歌い出しを間違えたり作詞したりしてましたもんね(まあわりと普段っぽいとも思いましたが)。

あの2時間で与えられた笑いと感動とビックリは、普通に生きてたら得るのに一カ月はかかるかと…。
わたしにとって、そんな時間を与えてくれるのは姫様だけです…!


夏のコンサート、ほんとうに楽しみですね。

もう暑いので、夏なんじゃない?コンサートやってもいいんじゃない??

などと会社の先輩に言って6月のカレンダーを突きつけられたりしている日々です。
バロンさまもコンサートまでご自愛ください。
Posted by 海野モノトモ at 2009年06月25日 03:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121595919
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。