2006年03月26日

満足というより満腹…NEVER SAY GOODBYE

 
小池せんせい、おなかいっぱいです…。

たとえて言うなら。
銀座四丁目の一等地を広大に買い取って大きなお城を建てました。
材料はベニヤです。
お城にはきちんとかっこいい王子様と美しいお姫様も住んでいます。家来もたくさんいるよ。
でも、ベニヤはベニヤなの、的作品。

たとえて言うならその2。
見たことのないほど大きな銀の食器に、フレンチのフルコースをぜーんぶ盛り合わせてどーんと出てきました。
どれもこれもおいしいが、食べているうちに冷めちゃったよ…。
そんな、豪華無駄遣い的作品。

戦ってるか恋愛してるか。
そういう話。

アパルトマンシネマがあまりに心の琴線をかき鳴らしたせいか、どうもああいう大河ロマンというか、そういうのは心に届かなかった。
日常のヒトコマを切り取ったのなら、彼らの描かれなかった部分を想像するのもひとつの楽しみだと思う。
でもこの作品は大河ロマンだから、それならば、それぞれの生き様死に様思想をていねいに描いて欲しかった。

確かに、愛の軌跡なんだろうよ、あのふたりの、な。
だからって、いっくらなんでも、るいるいとあひっこはなしだろ…。

るいるいとあひっこの都合のいい使われ方ったらなかった。いると都合が悪いから身を引いたり、都合がいいから横恋慕したり、都合が悪いから死んだり。
ひどいよせんせいー!

でも!
わおわおもおはなさまもとっても素敵。それが救い。
二人が出てきたとき、ちょっと泣いちゃったよ…。

個人的にはたにちゃんフィーバー!宙組の太陽の面目躍如!!
マイケルジャクソンみたいな大和悠河にばんざい。
しかもデンジャラス時代の、色っぽいマイケルですよ。
私はあの頃、彼を本当にカッコイイと思ってたんですよ。今はもう見る影もないけど、宝塚の舞台で蘇った感じ!たにたんかわいいよ〜。
歌が…アレなのは…私の気のせいじゃないよね?
ほのちゅうの時から疑問だったのですが、やっぱりたしかにアレだよね?
声がよく通るいい声だからこそ目立つんだろうな…。
ビジュアル系、ってことか。

しかし、らんとむ移籍後、新生宙組は太陽がふたつか…。
まぶしいね。

ほのちゅうは、私は宝塚が嫌いになるかと思った作品でした。生徒愛ゆえにそうならなかったけど。
私はクリスチャンではないけど、家族や尊敬する人にクリスチャンが多い。だから、彼らの純情や、信仰心も知っている。自分達が信仰している宗教の過去をどう捉えているかも、色々聞いてきた。
だから、ほのちゅうを観た時、そういうのを、土足で踏みにじられた気がしました。
木村先生に。
だって、私が愛するジェンヌさんたちにあんな台詞こんな台詞を言わせるなんて。
芝居を観て悔し泣きしたのは初めてでした。
政治劇を観に行ってんじゃねえぞー!やつの思想を押し付けられて、でも私には反論が出来ない。
そしてやつの思想は“正義”になる。
本当に許せない。
キリスト教はヒドい宗教で、それは20年も200年も2000年も変わらない、っていう話だろう?というか、そう取られても仕方がない描き方だった。
ほんとうにひどい作品だ。
ぐりーんたんの退団公演だったから、10回くらい行ったよ。ああ行ったさ。
でも、本当に辛かった。
苦行だった。

でも、マンリーコとレオノーラは自分の信念や宗教を、命さえ捨てて、愛を取った。
彼らのあり方は、わおわおと花さまにあっていたと思うの。

今回はなー、自分の事情だったり信念を貫き通すために恋をあきらめるなんて…そんなふたりが観たかったのでは…ないのに……。


コーラスはもんのすごいド迫力。宙組ならでは!
最低傑作・炎にくちづけをを経ただけありますね(あれ、曲は名曲ぞろいだった)。

でも、どーでもいいことをあんなに壮大な歌に載せて言うことないじゃん…。自己紹介ソングすら壮大だった。
ジキハイの「鍵かけろ〜♪」みたいなのを思い出してしまいました…。
日生のジキハイの時でも思ったのですが、なんかワイルドホーンさんの曲って日本語が乗るとビミョウに報われない…。

今回も、名曲だらけで全部テーマ曲みたいだった…。
ので、打ち消しあってる。

結局のところどれもこれも記憶に薄いよ…。
モノクロの景色が〜って歌いながら大劇を後にしてしまった…。

でも、わおわおとはなさまの最期のきらめきを、この目に焼き付けたよ。東京で待ってます。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15920523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。