2006年04月28日

きみにこそネバーセイグッバイ…Across

今日はアクロスの日。
…今週はジェンヌさんを観に行きすぎています。

仕事を兼ねて池袋に。
やっとこさついたサンシャイン劇場。
私は渋谷と新宿がおもなテリトリーなので、池袋はもう出陣気分…サンシャインなんて小学校の時にラッコを観に行った以来だよ…。

席に着くと、席にハンカチが支給(?)されていました。
黄緑の☆模様。
あらかわいい、と広げたとたんに舞台が始まりました。
わたる兄さんがジーンズ姿になって出てきた途端、滂沱。例のハンカチを握り締めて咽び泣いてしまいました。
のちに、あのハンカチは涙を拭くものではなく、振るものだということを知り…でもその時にはもうぐっしょりですよ…。

私は舞台を見ながら手拍子が出来ないタイプなのですが(手拍子に一生懸命になると舞台が頭に入らず、舞台を一生懸命観ているといつの間にか手拍子を忘れる不器用な子なので…)、うずくまったままじっっっくり堪能いたしました。

1部は、不思議な感じがしました。
外国のクラブにでも迷い込んだ感じ、どこか心もとない、不安が…。
すっごいかっこいい男が舞台にいた。
でも、兄さんが兄さんじゃないみたいだった。だから妙に心細かったのかしら。
それに、私よりも少し上の世代の歌が多く、大半が知らない曲だったせいもありますが、もともと私の中に、ポップスは「歌うもの・聴くもの」という固定観念があり「踊るもの」として認識していなかったので、ポップスにのって激しく踊る姿に最初はなじめなかったのかも知れない。
薄暗いロックやパンクばっかり聴いてないで、アイドルが歌い踊るのを観ていたら、そんな違和感などなかったかもしれないのになー、と今更生き方をちょっと後悔。
とはいえ『ランナー』では…中二病をこじらせていっぱいいっぱいだった頃のことを思い出して切ない涙に濡れてしまいました…。
振り付けも、なんかとっても不思議。
ボディランゲージというか、手話的というか、音符と歌詞と振り付けがまとまって怒涛のようにメッセージを語り掛けてくる。
東宝エリザベートの振り付けを思い出しつつ、受け止めきれずに溺れかけていました…。


2部は日本のクラブに戻ってきた感じ。
なんか、私の知っている、私の好きな兄さんがたくさんいました。安心してまた涙が出た。
宝塚暦の浅い私には、例によって知らない曲ばかりでしたが…
色々なダンスがあってかっこよくって、何がステキとか、そういうのを頭で整理できないままラストまで突っ走って、混乱しながら、兄さんの客席降り。
兄さんのあの笑顔がユーアーマイサンシャインの音楽が乗って近づいてくる。
兄さんが本当にすぐ側まで来て、私はオイオイ泣いてしまいました。
ほんとーにハンカチが役に立った…。
今回のダンスリサイタルを観て、兄さんがどれだけステキで、どれだけ得難い男役なのか、身に染みて分かりました。
そして『得難い』と感じることこそ、退団イベントの妙なのだと思いました。

濡れそぼったハンカチはおうちにかえってきれいに洗濯して、大切にとっておこうと思います…。

どうでもいいのですが、あの極楽鳥のような怪鳥シレーヌちゃんたちの踊っていたあの曲は…恋のコリーダ!?…違う?
ラララ自我崩壊の夢を見ただけ??
たしか、じゅんちゃんもカバーだったんだよね?となると、元歌は何なのかしら…。
流れるような構成だったので集中力は切れませんでしたが、あとでパンフレットを見てもどの曲だったかがわかりません…それは私がひとえに素人だから?
でも大王のコンサートは後で見ても全部分かったし…(観た回数が違いすぎますが)。

星組は長崎しぐれ坂とベルばらしか観たことないのですが……、これからの星組ももっと観たいなあって思うコンサートメンバーばかりでした。
特に気になったのが、黒髪の男役さん。小柄なんだけど、キレと濃度が混在したダンスを踊る人。
アナタはだれなの…

posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 星組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になる黒髪の男役は綺華れいさんです。青年から妖艶な美女までこなします。
Posted by FFK at 2006年05月16日 00:40
FFKさま
ありがとうございました…!今更なコメントで申し訳ありません。
綺華れいさん…星コパにも見つけてニヤニヤしていたのですが、どうしてもパンフレットと一致しなかったので、教えていただいて助かりました!ありがとうございました!
なんとも言えない黒めの色気がありますよね。星組観劇がまたまた楽しみに…♪
Posted by 海野モノトモ at 2006年06月20日 03:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。