2006年06月15日

フライング気味に思いを馳せてみる…ドラマシティまとぶん公演


まとぶんがドラマシティなんですね。ドラマシティってアパルトマンシネマやったところですよね?
あそこで今度は主演なんですね。楽しみです。

でも…でも小池先生…作演出……っ
小池先生は、私の中の株が暴落しているので…個人的にとっても心配…まとぶん心配だ…。

あらすじを読んだ時点でとっても嫌な予感がするのはどうしてでしょう………。
小池先生は、さぞかし古典少女漫画がお好きなんでしょうね。
記憶喪失と吸血鬼とかね。

今度はいったいどんな不完全少女漫画を描くつもりなのか小池先生は。

デイタイムハスラーの時もお話はアイタな出来だったと記憶しています。
あれはもう愛を売る男じゃなくて、『ザ・ポエマー〜詩を売る男〜』でよかったのでは…。
なんだったんだろう、あのバランスの悪いストーリーとキャラクター設定は…元不良で教師で詩人ってわけわかりません。それに引き換えいずるちゃんやいっぽくんの書き込みの浅いことったらなかった。

でもあの人の場合アレンジャーとしては優秀なので、かしげ王子のアレンジは大成功して超かっこよかったのが、またやりきれない点です。

それを思い出してハンカチを噛んでいます。
まとぶんにひどいことしたら私が許さないんだから!
許さない権限なんかないけど!
なんか坊主憎けりゃ袈裟まで憎い現象ですね…よくないよくない。

素敵な新まとぶんを見られるのは間違いないと思うのですが、それだけではなく、お話を楽しませてほしいな。
あと、似合う娘さんに会えるといいですよね(パレルモでもアパルトマンでも独り者だったから)。
誰が出るんだろう。相手役は誰だろ。
私の愛でる嬢も出ていそうで楽しみです。

フライングしても自分がキュウキュウになるだけなので、詳細が分かる日まで、こころを平静に保って見守りたいと思います。
 
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。