2006年09月05日

急に背後から後頭部を鈍器で殴られたような急告…貴城けい退団

 
すげーひでーえれーやべー無茶通す気か 唐突過ぎるぜ


………これほど純ちゃんの歌が身に染みた日があっただろうか。

モバイルタカラヅカに登録しておいたら公式情報に乗り遅れないよ、との先輩のアドバイスにしたがい昨日登録したばかりでした。
一番最初に受け取ったお知らせメールがこれって…。

先日『何も考えず、なにも望まず、あえて与えられたものをただ素直に受け取って、それだけを一喜一憂し、愛していこうと思っています。』と書きましたのでね、今、とてつもなく一憂中。

私はサヨナラを言うためにタカラヅカを観てるのではないのですよ。
まずはトップになった彼女と彼女の率いる新しい組を知って、ときめいて、愛して、それからお別れの時には泣きながらサヨナラを言いますから。

せめて、愛させてくれ。愛するだけの時間をくれ。
私はまだかしげ殿下の何も知らない。


どういう経緯なのかは知らないけど、もうこうなったら、ものすごい勢いで知って、心拍数250くらいでときめいて、深く愛して、号泣してサヨナラを言ってみせます。
絶対に“通過点”にはしない。

わたしの心に“宙組トップ・貴城けい”を刻んでみせます。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23324600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。