2007年02月04日

面白きこともなき世を面白く…宙組維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック

 

住みなすものは心なりけり…高杉晋作っていいこというなあ。
この辞世の句には色々な解釈がありますが、まあ現代風に解釈しておこう。

しかし頭のほうで芸者さん達が高杉の歌(しかも上の句だけ)と都々逸(三千世界のなんとやら)をまぜこぜに歌っているのは訳がわからんね…まあ、もう今更なのでよかたいよかたい。
もう脚本家は仲間はずれにして、アリったんがかわいい!とかお蝶さんステキ!とかで観ていますから。

と言うわけで、今日はルーナ先輩に“貸切だと冬の庭園でかしげちゃんの鬘がオモシロイことになるらしい”と吹き込まれ、ホイホイ行ってきました15時半公演!
なんだかんだいってまだ4回目…
ルーナ先輩も一緒(席は離ればなれ)。

 
 


おりょうと竜馬がお風呂に一緒に入る約束をして(違)手を繋いで歩いていくところでグっときてしまった…
竜馬の死に様があんなふうなので、物語的には涙が引っ込むのですがね。
そして考えてしまうのです。
おりょうさんが竜馬の遺体と対面したのかな、とか。
待ちぼうけの花嫁はどんな気持ちだったのかな、とか。
お酒、飲み過ぎない方がいいよ、とか。
…おりょうさんのことばっかですが。
だって好きだから。

おりょうと竜馬、もっとイチャれー!
おりょうが竜馬に月琴を聞かせるシーンは必要だったのでは(少なくとも私のために)。
だいたい、幕府の死に水を取るとか、幕府の最期に立派に花道を飾るとか、幕府のことばっかり考えてて、かんじんかなめの竜馬の死に水も取らんわ(代役かよ)、花道も飾らんわ(もしかしてラストの阿波踊りで飾ったつもり?)で脚本家先生は一体なんなんだ?お前ひょっとして佐幕か?
と思うので、私は脚本家を村八分ですよ。
もう脚本なんて知らない!(え…?)

私の好きな子たちのこと。
*りんごちゃんは今日もお蝶さんの尻に引かれまくり。
*ハンカチは“かいえんたい”“ようのすけ”ってアップリケ…
*そんな愛しいりんごちゃんを、ショーでは見つけられません(日本物の顔でインプットしてしまった…)
*桂先生はこの間観た時よりも鯛の刺身が本当に好きになっていた。
*女装がますます板についてら。
*ギュン太将軍、お年を召されていた。
*中岡は竜馬を好きすぎる。
*中岡どころかみんな竜馬を好きすぎる。
*かしげちゃん大好き。

って感じでしょうか。
あ、りんごちゃんって陸奥役の方のことです(私用のあだな)。
パンフが会社に置いてあるので(いつでも見られるように)、役者名がわかりませんが。

かしげちゃんはもう…フツーに観られません。
かしげちゃんがすっごくきれいに笑っているから、すっごく楽しそうに笑っているから、その笑顔を観るたびになんだかもうたまらんのです。
日本をよくしようと奔走している竜馬が、激動と言うより混沌の日本にあって希望を捨てずに笑っている竜馬が……タカラヅカというひとつの閉鎖された世界の中で笑っているかしげちゃんにみえるのですからわたくし重病です。

やめとこう。うん。

そして、本日の眼目であります。
ショー!
一部役名じゃなくてすみません。

*幕開き、ギュン太がオデコ全開に(前髪?シケ?がなくなってオールバックになってました)。
*かしげちゃんへのオマージュか?
*そうだとしたらその愛情の示し方は間違っている。
*私はかしげちゃんのオデコが大好きなので、気持ちもわかるが。
*ほっくんの鬘がパンチパーマ風味のモヒカンじゃなかった。
*貸しきりようなんですって。
*普通にかっこよくてガッカリ…。
*あのけったいな鬘が愛しくて仕方なかったのに。
*ギュン太とほっくんがカードを出して楽しそう。
*ポピーズ、見慣れると愛しい。
*るいちゃんとたにちゃんのケンカカップルのケンカがエスカレート。
*たにちゃんの逆ギレにるいちゃんも逆ギレで応戦。
*たにちゃんのタジタジがかわうい。
*かしげちゃん紫の変なカツラにヒデちゃんみたいなグラサンだった!
*…本当に“変”な鬘だった。
*でもかわいかった。
*るいちゃんがかしげちゃんのいでたちに驚きすぎて脱がすのに手間取っていた。
*素に戻っておおあわてで脱がしていた。
*いいものみた。
*ジョルジュサンドとショパンのシーン、たにちゃんを見直した。
*ちゃんとジョルジュサンドだった。
*ギュン太の運命、ショパンの命を奪ってから後悔をしたらしい。
*勝ちか負けかと言えば、勝ちショパンに負け運命でした。
*娘役ちゃんのウインクを初ゲット!
*誰だろう、るいちゃんの横にいた、アリったんじゃない方の子。
*かわいかったー。
*かしげちゃんのフィナーレで歌う歌(流行り歌はわからないので古い名曲を歌うよ、みたいな歌)は、そのまんま草野先生のキモチなのかしらん。
*確かにひらいけんとかを歌われても困る。

うーん御満悦。
たにちゃんのジョルジュサンド、初めて素敵だと思いました。
ごめんね…今までは面白いと思ってたよ…。
というか、今まではショパンとたにちゃんのダンスで、たにちゃんがショパンと踊っていました。
でも、今日はジョルジュサンドとして存在して、すっごく幸せそうだったり、愛しそうだったりしていました。
さらにさらにうつくしかった。

帰りにショパン実況CDと花組うたかたの恋のDVDを買ってまいりました。
黒蜥蜴の初日まで、これで楽しんでいようと思います。
初日、観に行くのです。
さんれんきゅうに仕事が入りそうな予感がするので、日帰り上等!半休上等!
…わたしフツーのサラリーマンなのになあ。

ああもう花組公演が始まるのが超楽しみ!
………ってことは、月組公演が終わるわけで、てことは月組が東京に来るってことで、つまりそれは宙組が千秋楽ってことか…
時系列が繋がると途端に気持ちが急降下…しては、大王のことを考えて急浮上。
乱高下の一週間になりそうです。

posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。