2007年02月25日

ジークナオーン(@神聖モテモテ王国)…ノンノンシュガー!!

 

25日は朝起きて、バウホールへ。
ノンノンシュガー!!を観るためであります。

一番下級生を認識しているのは雪組だったりします。
多分YBを観たり、やらずの雨を観たりと、バウホール公演は雪組ばかり観ているせいかもしれません。
雪組さんを狙っているわけでもなくて、単に自分のスケジュールと雪組スケジュールが合うので、よく観ているうちに馴染みになってきたといいますか。


藤井先生はショーでなくて物語を作るといい。
バウホールでずうっと作ってるといい。


そう思いました。
ショーの100倍取るに足りないけど、ショーの100倍面白かった(藤井先生比)。

あの時代って、名曲がたくさん生まれた時代でもありますが、懐かしい時代と言うより恥ずかしい時代なんじゃないでしょうか。
ナオンと言えば、モテモテ王国ですよ。だってもうそれしか思いつきませんよ。(え、私だけ?)
だから、なんかとってもギャグ風味な気がするのは…私が悪いのか。
私はまだ影も形もなかった時代ですが、ツーフーのナオンといわれたって、痛風のなお?誰?ぐらいにしか…


群像劇にしてはあまりに紋切り型だったし、置いてきぼりになったエピソードもたくさんあります。

そもそも冒頭でマライアが追われていたのは何で?とか。
トランクが盗まれたままなのにシェイラがウィーンに行けるのはどうして?とか。
トランクを取り返しに行ったはずのジョニーが不幸自慢大会を始めるのは何で?とか。
ていうかマライアの存在意義ってそもそも何?とか。

芝居をやってみたらかなり長くなって削らなくちゃいけなかったんだけど、削り方を間違えたとか?
あの先生間違ってばっかりだな。


でもそういうのをすっ飛ばしても、役者さんたちがある種の時代物、コスプレ物として楽しんで演じていたのが、観ているこっちも伝わってきました。
雪組の下級生ちゃんたちは芸達者が多いですよね。
みんな輝いてたなー。

音月桂ちゃんは、かわいい青年を演じたら随一ですね。
顔がかわいいとかじゃなくて、大人になる一歩手前の“青年としてのかわいらしさ”をきちんと表現できるひとだと思うのです。

大月さゆちゃんは、すばしっこいふうちゃんみたいだった。
たおやかな娘役さんになるんだろうなー。ひとり場違いなドレスをバッチリ着こなしてました。

舞咲りんちゃんのザザが…なんなのこの子…!
おもろいこ!卓越したコメディセンスにあのアニメ声。
清く正しく美しい世界は少々手狭ではないかと思わせるような怪演…。

神麗華ちゃんのトレイシーは、30年の時間の経過をきちんと演じていて、かわいいおばちゃんだった。
ダンスは職人芸で、かわういのです。

今回はキャラがしっかり立っていたから区別はつきましたが、りんちゃんと麗華ちゃんは相変わらず激似。
いつか双子の役をやればいいのに。

 
さわやかに感動して大劇場へ移動。
 
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ・・・お久しぶりです。夜棲です☆
覚えておいでですか・・・(←ちょっと言ってみたかった(笑))
大月さんがすばしっこいふぅちゃん発言にコーヒー吹き出しました・・・(笑)
Posted by 夜棲 at 2007年03月03日 18:07
>夜棲さま
お久しぶりです!
どこかでお会いしたような…(←定番の返し(笑))
さゆちゃん……観ていて割とフツーにすばしっこいふうちゃんがいるーと思ったのですが、コーヒー噴射発言でしたか…(笑)
失礼いたしました〜(笑)。
彼女、とてもかわいい娘役さんですね〜。
雪組の下級生ちゃんたちは職人肌の芸達者が多くて楽しいです。
Posted by 海野モノトモ at 2007年03月06日 03:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。