2007年04月02日

行くぜ!飛ぶぜ!さらば目に映る全て達…A/R


社内で、面倒な仕事などに直面すると、“おしゃれじゃない!”って言うのが流行ってます。
今日からの流行です。

 

というわけで、A/Rを観てまいりました。
駄作だ名作だという以前に、……面白かったなー。
ストーリーの反故にきつく目をつぶってさえいれば、頭を使わないで観られる話でしたね(まあストーリーなんて…ねえ)。
子供の頃に連れて行かれた東映アニメ祭を思い出した、とだけ言っておきましょう。
アニメでも、ミヤザキアニメではないのです。
あえてトーエーですトーエー。

 

たにちゃんとうめちゃんのカポーぶりを観に行きました。
娘役さんはプレお披露目青年館ではウエディングドレスを着るのが決まりなのかしら。
ちょうにあってたー!しかもすっごいムッツリしてるのがかわいかった。

 

そしてたにちゃん。
なんてキレイでステキでカッコイイんだろう。
なのにどうしてあんなに面白いんだろう。
しかもどうして、キレイでステキでカッコイイということそのものが、面白いんだろう。
そんなんだからうっとりする前に笑ってしまって、そのまま愛しくなっちゃうんだよ〜。
大好きになりました。
もともと好きだったのですが、さらに大好きになっちゃった。

 

たにちゃんを見てると、なぜだか氷川きよしぼっちゃまを思い出してしまいます…。
なんでだろう(私は別にきよしぼっちゃまのファンではありません)。

 

たにちゃんって本当に太陽だと思いました。
カラっと晴れた雲ひとつない空の上からあまねく全てを照らす太陽。
恵みの雨の日や涼やかな曇りの日がなかったら植物は育たないのですが、それについては全く考えることもなく毎日毎日強烈に照り続ける太陽のような。

とにかく照り続ける。
夜中になっても照り続ける。

「夜7時過ぎなのにどうしてこんなに暑いんだろう…」

って、思わず呟くような8月の猛暑の夜を思い出します。
困ったことに、私はそういう夏の夜が嫌いではないということなのです。

でも時々はうららかな春の光や、けだるい夕日とかも見せて欲しいですよ…?
 
というわけで、明日も怪盗紳士に会うわ!
 
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37603014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。