2007年05月09日

空気女と小人を連れて街にサーカスが来る前に…明智小五郎の事件簿〜黒蜥蜴/TUXEDO JAZZ

 
今日は公演がありませんよ。
だけど心の中で2回公演であります。
フル稼働だなー私。
 
ということで、しみじみと明智先生とトカゲちゃんに思いを馳せておる仕事中であります。
 
 

この公演が始まってかなり早い段階(ていうか初日観てすぐ)で私の頭の中で木村先生を抹殺してしまったため、脚本のアレ具合は見えなくなりました。
もう影も形もないね、アンナヤツ!

なにしろ見てたらリピートできないもの(腹立たしくて)。
今更ですが、言いたい放題で木村先生がお好きな方は申し訳ありません。


というわけで木村先生からこの作品世界の“神”の地位を剥奪し、目の前の人物が脚本を離れて生きているのだと捉えることにしています。

そうしたとき、明智先生って、すっごくロックだと思うのです。
今まで見た大王の役のなかで一番ロックなキャラ――その支離滅裂ぐあいも含めて。


ロックとはものがなしいものなのだ、とオーケンが言ってました。


なんか、わかる気がする。
かっこいいとかっこわるいの境界線上にあるもの。
汚いときれいの境界線上にあるもの。

マクベスをロック(メタルだけど)にした劇団☆新感線の気持ちはものすごくわかる。
さんにんの魔女が言うあの有名なセリフは、まさにロックだもの。
あれもものがなしかったなー(疲れたけど。)

そういう相反するものが共存するものがなしさを背負っている存在として、所謂畸形と呼ばれるフリークスたちがいる。

明智先生には、そういうものと同じ雰囲気を感じます。
だから、このお芝居は私にとって、フリークスが普通の少女に恋をした純愛物語なのです。
美女と野獣の悲恋版、というか。

畸形の心を持つ男が、普通の人みたいに普通の人と恋愛して結婚して子供を作って幸せになろうとしたけど、なんだやっぱり普通にはなれなかったな、みたいな、ものがなしさ。

明智先生は、黒蜥蜴の中に畸形を見つけた――彼女の歪みはまさに“わたしをおんなにしたような”ものだったんだと思う。
このひとなら愛せるかも。
このひとなら愛してくれるかも。

でも少女の歪みを暴いていくうちに、つるんと純粋な少女が現れた。
少女のこころを白とたとえるなら、一方の明智先生は、真っ黒なキャンバスを白い絵の具で上塗りしたような、白さ。
似て非なるものだったのではないでしょうか。
 
そして、あの結末ですよ…。

独楽がなんだ、押し花がなんだという叫びは、私にはもう妹だからなんだって言うんだーという叫びにしか聞こえません…。
こんなもんいらないもの、トカゲちゃんがいればいいもの。

ってことですかね先生!

…愛しすぎて、イロイロなものがすっ飛んでます。
だから私は明智先生にこそ言いたいのです――あんた、純粋なんですね。


ああもう明日はどんな明智先生なんだろう。

 
と、思いを馳せたところで、お仕事に戻ろう…。
いちにちいちトカゲのおかげで、大変なことになっとります…でも土日のチケットがまるっきり取れてないので、平日必死です。
 
posted by 海野モノトモ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 明智小五郎の事件簿〜黒蜥蜴/TUXEDO JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。