2007年07月08日

安心立命 欣求浄土…あさきゆめみしU


今日のマチネで各々が何か掴んだのか、それとも初日終わった後の反省会をみっちりやったんだか知りませんが………私が昨日観た舞台と同じ舞台ですか?
ってくらい違いました。

初日って…初日って…。


ほんとに傍若無人なネタばれっぷりですので。



脚本でもいくつかせりふが追加されているような気がした(いっぽくんとか、六条の御息所とか)。
演出(居方とか)も若干変更あったと思います。

脚本のぶつ切り加減が、役者の力量である程度の流れが作れるくらいのものではあったのだと確認できて安心しました。
初日を観た時にはいっそ二幕から見るのでいいんじゃね?と思ってたのですが…1幕から見るよ!
ベルばらと似たつくりというか、原作漫画のネームを活かしながら(なんとなく読んだことがある言葉が多い)描いているから、源氏物語というよりも“あさきゆめみし”ダイジェスト版なのでしょう。
原作読むか…むかーし読んだきりの私ですが、折りしもここは漫画喫茶…読むべき?


あやねちんの藤壺の宮と紫の上の演じわけが昨日と打って変わって明確になってました。
母である藤壺を演じるときは母性を押さえ込んで女の色気を。
そして、内縁の妻である紫の上では母性全開なのであります。

母性だだもれのあやねちんが、母性量のコントロールを覚えた…!

あと、お歌が…あやねちんじゃないみたいに(ごめん)危なげなくきれいな歌でした。
そして陵王の舞がすごい!
見とれてしまう…男舞をどうして紫の上が、とか、そもそも平安の女性が人前で舞うという事自体とんでもないというか、そういう考えが頭をちらちらしないでもありませんが、そういうのすっ飛ばしてかっこいい。
ものすごい形相の怪物が頭にくっついてるけど。
いいのいいのかっこいいの!
いつもはんなりのあやねちんがあんなにキビっと動けるなんて!

 

初日の源氏はただただ美しかったのですが、今日観た時は愛を食らって生を得る美しい化け物の片鱗を見た気がしました。
こいつは期待しちゃいますよ…!(私個人的に)

そして大王の源氏、女性に対する姿勢が一人ひとりに対して違っていた。

藤壺への激しい想い。
紫の上を失った時の魂の抜けっぷりは明智先生とはまた違う痛々しさがありました。
朧月夜へは、今回は肉欲のみと言った感じでした…(初日はまだ愛が垣間見えたのですが、今日はもうセフレっぽかったもの)。
柏木から女三の宮への手紙を見たときの怒りが、顔はとりあえず笑顔をつくろってるけど…という大王得意の腹芝居(昨日は手紙を見た瞬間、怒りが噴き出していた)。
秘めた怒りが歌っているうちに噴き出してました。
柏木即死だろうあれ…。

大王とあやねちんはもう本当に“THE平安時代”なので、二人が舞っている時にはもうただうっとりです。
藤壺との逢瀬、そしてラストの白い世界での舞いはこの世のものとは思えない…。


すだまちゃんがやさしいんです。
残酷なほど正確に時を刻んでいる精霊というより、源氏のことが好きなので源氏に“時は前にしか進まない”という事を一生懸命教えてあげている妖精のような。
源氏にかかりっきりで、源氏が好き過ぎて、源氏に依頼されて源氏の時を管理しつつ見守っているような、これがまとぶんのすだまなんだなあと思いました。
何かほほえましくて、私は好きです。


昇天直前の源氏の歌に、神がご降臨!
絶唱でした。
昇天時、昨日は階段を上りきって正面を向いて終わっていた気がするのですが、今日は背中を見せたまま美しい横顔を見せた瞬間に暗転。

………なんで!?
なんでこんなに“源氏”なの…!

愕然としました。
 

フィナーレはとにかく娘役ちゃんに囲まれて踊るいっぽくんがうらやましくて仕方がありません。
だってじゅりあ嬢&一花嬢に二人がかりで愛されたりしてるんですよ!?(そのあと嬢たちとすずかけさん&えりさんというアダルトメンバーが交代していて、ちょっと溜飲が下がると言うものです)。
大王のでこガードはあきらめたというか慣れた(早っ)というか。


明日はあさきを見た後名古屋で途中下車して一仕事終えてから会社に帰ります。

 


……どうでもいいことですが、最近一花嬢がパリス・ヒルトン嬢に見えて仕方がありません。
笑い方が似ている…

posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜、それで今日は観やすいかったんですね。
初日はとっても見にくかったんですが、8日(昼見てました)はとっても作品に入りやすかったんです。
セリフや演出が変わったなんて、ちっとも気がつかなかったバカ者ですが、見やすいことだけはわかりました。
初日近くから、鼻水垂らして泣きまくってるおさちんが見れるので、何でもいいんですが。。。
Posted by ふみ at 2007年07月09日 00:50
>ふみさま

なんか初日は確かに物語に入りにくかったですよね(見慣れてないせいもあるけど)。
変更したというより“稽古段階で抜いたセリフを元に戻した”風でしたが…。

もう9日なんかは泣きながら消えそうに微笑んでいて、見てるこっちが死にそうになりました…。
Posted by 海野モノトモ at 2007年07月10日 03:21
11日にやっと見に行きました!

なんだか冷静に見てしまってたんですけど、柏木への怒りで、椅子からずり落ちそうになるほど衝撃を受けました☆

「これが寿美礼さんの絶叫かぁ!!!!!」

一緒に見に行った友達も、「あれは迫力があったねぇ!」と絶賛!!


彩音ちゃん、私も「歌がうまくなってる!」って思いました!
やっぱり相手が相手だから、相乗効果で。。。。。ってことですかね?
凌駕の舞も引き込まれました!!!

次は15日です。
今度はどっぷり浸ってみようと思います^^
Posted by はまぐり at 2007年07月12日 21:17

>はまぐりさま

11日にご覧になったのですね。
15日にはまた変化を遂げていたのではとおもうのですが、いかがだったでしょうか。
どっぷりつかれましたか?
私はもう…耽溺の域に入っております…

あやねちん、本当にお歌がうまくなって…わりと素で驚き続けています。

お茶会もいらしたんですよね。
なんか…切ないような面白いような時間でしたね。
Posted by 海野モノトモ at 2007年07月16日 04:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47163090
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。