2007年07月15日

美意識の相違…宙組バレンシアの熱い花/宙ファンタジスタ!

結論から申しますと、藤井先生と私の美意識は…犬猿の仲なのだと思います。
否、“仲”というほどかかわってないかも。


あんなショーなのに、みんなが輝く笑顔を見せてくれるもんだからどーしよーもなく泣けてきました…。
唯一うめちゃんのウエディングドレス→ボンテージはすばらしかった〜。

火星で火、水星で水っていうあたりで(小学生の宇宙論かよ)気が遠くなって、ギュン太(とむさん)のナルキッソス再びを見ているうちに気絶…。
宝塚いちだと思われる宙組のコーラスの無駄遣いだったのでは…。
 
お芝居はバレンシアの熱い花。

男は口で考え、舌で戦う。
女は想いを心に秘め、ひとり戦い、想いを全うする。

きれいな日本語が多かったので古典歌舞伎を見ているような気持ちになりました。
役替わりバージョンです。


■ロドリーゴ(ギュン太)
アンドレみたいだった…(なんつーの?貴族のお屋敷に住んでる平民っぽいというか)

■ラモン(ほっくん)
お調子者でかわいかった。
エルパティオの女衆にかわいがられている系…。

■フェルナンド(たにちゃん)
かっこよかったが、とても気鬱には見えなかった…。
たにちゃんは相変わらずキラキラペカペカ輝いていた。
大王がほんのりと発光しているような輝きを持っているとしたら、たにちゃんは目を刺すようなまぶしさ…。

フェルナンドは要するに由良之助なんだと思うのです。
敵討ちの思いを秘めて遊郭で遊びほうける。

忠臣蔵のスパニッシュバージョンなのか。

本心を胸に秘めて夜毎女と遊び歩くその姿にほのかな大人の色気が出るのだと思うのですが、今日のフェルナンドは若さゆえの無分別っぽくも見えたし、というか遊びなれているように見えな…い…。
女から女を渡り歩くような不実な男には到底見えなかったのです。
たにちゃんのよさであり、課題でもあるのかもしれませんね。

だってイサベラは“炎の影に恋をした”というようなことを言ってましたが、その割にあまりに発光していて影が見つけられなかったから…


とにかく女の心意気が美しい話でいた。

恋人が義理の母親になったロドリーゴ(梅芸でも確か似たような話が…)。
諸悪の根源さえ絶てば、再び恋人になれると思っている男に対し、女は一度は別の男の妻になったその身を憂い、命をかけて心身を浄化する。

イサベラは、本来ならかなわぬ恋が夢のように叶ってしまった…だから夢なのだときちんとわかっている。
わかっていてもやっぱり恋しい。
そういう揺れ動きが胸に迫りました。


男共は、諸悪の根源さえ倒せばみんな元通りになると思っている。

どうしようもない男に惹かれずにはいられない女の性の悲しさを描いた物語…なのか…も?
posted by 海野モノトモ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。