2007年11月19日

ともだちが欲しい たったひとりだけ…アデュー・マルセイユ−マルセイユへ愛をこめて−/ラブ・シンフォニー


雨が大好きで 夜が大好きな。



観劇した舞台のことはちょくちょく書いてはいるのですが、更新する時間がないというか…(更新画面が妙に重いもので、よく途中で挫ける)。
せっかく書いてあるのでちょっとさかのぼってみたりしようと思います。
寝不足で観劇したくないとか言っておきながら、あんな舞台見たら興奮で眠れないっつーの。


結局金曜日は3時まで仕事してとりあえず3時間くらい寝て土曜日ダブルヘッター。

今考えると大変だったかもしれない…でも幸せな土曜日だったなー。


初日に引き続き人間味溢れるジェラールさんでした。

意図的に人間味の調節をするタイプの役者だとは思えないので、こころのままにやっているのでしょう。
大王が今こういう気持ちなんだと思う。



 

 
 


そんなわけで11時公演。

■しばい(なんとなくメモ含む)
*ジェラールさんってば「いい女だろ」と自慢したシモンに向かって、小さくしかしはっきりと「ハイッ」。
*キャラ変わってます…。
*きらりニコルはかつらみっつめ。
*どれもこれもかわいいよ!
*カツラを変えてキャラもじゃっかん変わった模様…
*かわいいとこは変わってない。
*工場から帰るとき、チラシを掲げて“ありがと”と言ってから「神殿で会おう」って。  
*いつからそんなジェントルになったの。
*ヨッパなシモンを引き寄せ、肩を抱いてこめかみを合わせようとしてジャンヌの姿を発見して“ビクッ”ってなってあわてて離れてた(ちなみに初日はハイタッチしたあと頭をなでっとしてた)。
*「癒してやれ」がひどく気の毒そう。
*神殿でのモーリスとの秘密(て言うかマイクオフ)の口げんかで「そんな短時間でデキルヨウニナリマセンー」って(聞こえた)。
*な、なにを?
*「んー」の伸ばしぐあいが、子供みたいだった。
*もしやジョジョのあだ名は伊達じゃないのか。
*アルテミスとオリオン、ニコニコと見つめあい、気持ちを確認して愛を育みまくってた。
*…そう、ときめきメモリあってた(@君届)。
*ジェラールさん、そっこーキスしたそうだった。
*でも大人としてぐっとこらえてた。

*敵など怖くないソング
涙がひとすじ。
初日は終わりのとこ“俺を震えさせる”で顔を覆ってたんだけど、今日は震えてた(よーにみえた)。

*マリアンヌとの言い合い
「純粋なだけで!」まできつく怒鳴っていた。
マリアンヌが怯えたように後ずさったのを見て、一瞬で猛省して急に泣きそうに顔を背けて消え入りそうなこえで「…すまない」。
…すっげー好きだった!
でもマリアンヌは怒り、そして失望してた。
そして、アルテミスとオリオンは結ばれないと叫ぶような声で言ったマリアンヌに、ジェラールさんが怯んでいた。
言い捨てて踵を返したマリアンヌを、縋るように4歩くらい追うのですが、今にも謝りたいのに彼の深層に巣食う孤独がそれをゆるさなかったようで、悄然と歩を緩めていた。
不憫だった。

*タンゴ会場
逮捕されそうになったジェラールをかばうシモンが、ペラン警部に銃を向けながらもジェラールをじっと見ていて、ジェラールもじっと見てた。
いわゆる見つめあい…
3秒くらい二人の世界だった。
すぐ帰ってきてくれて…よかった。


■ショー
*冒頭銀橋で蝶ネクタイをポトリ…
*中詰めラストいたずらっぽくたくらみ笑ってました。
*この程度の客席の温度じゃあキンバラさんは呼べないなあ、って感じ。
*黒燕尾前のあやねちんの髪形変わっている。
*ストレートから細かい縦巻きっぽい感じ?に。
*黒燕尾前の白やブルーの女子たちの引っ込みの横歩きがほんとうに好きだ。
*アモーレスクザミ、大王の表情に感応するみたいにあやねちんの表情もくるくる変わる。
*抱きあった時、大王の肩越しのあやねちんがぎゅーって目をつぶってて!

あ…あやねええぇ…っ!!!
ありがとうあやねちん…

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67467368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。