2008年02月13日

あやねーの「おにいちゃん」はさいこうだ…メランコリック・ジゴロ


エンドレスショックで、石川さんがオサダくんと同じスネアドラムを使っていて、同じ技(の応用形)を見せていて、顔でちょっぴりアピールしてたりして(アピール度はオサダくんの3割程度だったけど)、目からいらぬ汗をかいたのは秘密です。

さいきん目が汗っかきでほんと困ります。
ということで、もはやなつかしい花組の中日公演。

初日あけてからすぐ行ったので、今はもっと滑らかになっていると思いますが、4日当時の感想です。
芝居しか観てないヨ…

そういえば「メランコリック」の「ン」がどうして小文字なのかものすごく気になります。
どうやって発音すればいいの…


 

*開演のご挨拶を軽く聞き流す。
*ごめんまとぶんごめん。
*だって心の準備なんてさっぱりできてないから(往生際悪く、マインドトラベラー的気分で聞いてました)
*ゆまパイが…足腰が強いなんて…!
*のっけからボルテージアップ。
*ダニエルの翻弄されっぷりが、まとぶんのおそるおそるぶりとあいまってかわいかった!
*もっと解き放たれてほしいが。
*いっぽくんが…目を見張るほどロボチックに空回りしてました。
*しゃかりきな絡みっぷりをするスタンを見ない振りするダニエル…
*絡んでやれよダニエル!巻き込んでいこうよスタン!
*雰囲気的にわりと没交渉…。
*そのせいか、あんま親友っぽくなかった…気が…。
*そうむしろサギ師っぽかった(某アルマンドよりもよっぽど)
*まっつに戸惑う。
*笑うところなのか、もしや実はうっとりするところなのか?
*多分笑うところ…なんだけど…?
*いちかがちょうちびっこギャング!
*ミニスカートにスカートを隠す丈のケープ、首元にファー(しかもピンク)って!
*裸ケープみたいで、なんつーか…あたしもうぢき駄目になる…て思った。
*ティーナはアホだ。
*アホの子大好物。
*でもスタンはティーナのアホなところはそんなに好きじゃないみたいだった。
*そこがいいのに!*そこが…さいこうなのに!


全体的に男子の恋愛濃度が全体的にうっすらしてました。
スタンは本当にティーナが好きなのかしら。
ダニエルは本当にフェリシアが好きなのかしら。
回を重ねるごとに色々力が抜けたり、しっくりとかみ合ったりするのかなあ。  

まとぶんの笑顔は相変わらずきれいだった。
拒絶されたような気持ちになるのはなんでなんだろう。 


そしてあやねーですよ!!
金髪あやねー…ああ…前髪ぱっつんにロングストレート。
アダナが「グズ」。
………これって初演から?ねえ初演から??
すっごく…あやねーにアテガキされたっぽくて頭を抱えて萌えました。
あと正塚語(女子の「そうなんだ」とか「〜だよ」とか)がものすごくフツウで、ムリしてなくて、でもキュートで、もうまさつかせんせいの胡麻塩頭を愛をもってぐっしゃぐしゃにかき回したくなりました。


あやねーの変貌振りに驚きました。
大王の横にいたときみたいに尊敬や憧れや崇拝で見上げるようにうっとりするようにそばにいるのではなくて、ひとりのひととしてまとぶんの横に並んでいた。

顔つきもしっかりしていた。
天使は天使のままじゃいられないことに気付いたんだなあ。
海の中にいた原始生物が進化して陸に上がってきた感じ…?
嬉しくもあり、さみしくもあり。

大王はいつ行くのかなあ。
ていうか行くのかなあ。
まとぶんの横ですっくと立つあやねーを見てもらいたいよう。

posted by 海野モノトモ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 花組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。