2007年07月23日

泣くに泣けない愛の涙のために…あさきゆめみしU

千秋楽でした。
まさに泣くに泣けない感じ…(泣いたくせに)。

じゅりぴょんとの公開収録で大王が「私にはあと2作しかないので、全身全霊で頑張ります」と(いうようなことを)言っていて、その言葉が、千秋楽公演で黄色い直衣で登場した源氏を見た瞬間、ものすごーく現実味を帯びてしまって、あとはもう…

源氏物語は大学時代に五十四帖読んで一生分のお付き合いは済ませたためもう勘弁状態だったのですが、今回の公演はある意味全然違ったので(!)楽しめました。
割と渋い評判だったのかなと思います。
私はおじいちゃん連中の毒も実もない無邪気な繰り言を聞くのが嫌いではないので割と楽しんだのですが、辛いひとには辛かっただろうな。
そう考えると私は多分せかいいちあの公演が好きなひとだねきっと(どーしょもない自画自賛)。

ちなみに先生、あさきじゃなくて紫の上を主人公にして描いたGENJIの方(きらさんの描いた方)を是非読んでよね…4巻しかないし。
ああいう長い話は、こうやって切ってこうやってまとめるんですよ、というお手本のような作品です。


何よりも

『寂しい子』
『無常観』

という私の魂を揺さぶる2大ファクターが備わっていたので、その物語世界の中心に大王がいるだけでぼくはもう満足なんだbyエリックって感じです。

源氏は幼くして母を亡くす。
絶対的な母の愛を知らずに育った源氏は成長し、“男”として義理の母である藤壺の“女”を求める。
母を求める気持ちと女を求める気持ちの混乱が生んだ激情。

結果、源氏は、男として愛してほしかった女性も、子供として愛してほしかった母も、失ってしまう。
そして、寂しいひと、完成。

かれはいつでもどこでも寂しさを抱えている。
とにかくさみしんぼすぎる…。

その寂しさをどーにかして埋めてあげたくなるような源氏でした。源氏の周りにいるひとみんながそう思ってしまうような源氏でした。
だからあの源氏は老若男女に愛されるのは仕方ないんですよ…。

私も愛した!そしてうっとりした!

今更&いい加減なご挨拶レポ
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ぼんぼりの明かりがゆらゆらと揺れて…あさきゆめみしU


イエーイ儚め源氏リターンズ!!

うれしくて頭の中でお帰りダンスを踊ってしまった…。
あの脚本の中で恋もして政治もして…という人物として息づくのはやはり無理だろうと思うので、どちらかに思いっきり傾いている方が好みなのです。

しかも愛され源氏でした。
紫の上に、藤壺の宮に、多くの女人方に、そして頭の中将に、すだまちゃんに。
みんなありがとうー(……)。
しかも愛された分だけ愛する源氏でした。


 

16時公演は恋に全身全霊をかけて儚く微笑む源氏の君よこんにちは。
posted by 海野モノトモ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたがいて私がいて愛が生まれ…あさきゆめみしU


というわけで(…)、起きたら11時40分で、でも近くの安ホテルに泊まっていたのでどーにか間に合いました。
昨夜の会合は楽しすぎて忘れていましたが、そーいや私徹夜してたんですよね…
どうりでよく眠れるはずだよ(いつでもよく眠れるんですけどね)。

 座ってすぐに始まった12時公演メモ。
posted by 海野モノトモ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

朝にゆうべに私は歌う…あさきゆめみしU


23日を休むために金曜日は徹夜を通り越して土曜朝の10時まで働いて(またかよ)、帰宅して荷物をひっつかんで大阪へ。
とにかくオペラグラスとチケットさえあれば大丈夫…(なはず)。

21日夜公演から参戦…。
それなりに無理のきく歳でよかった…10年後にやれっていわれてもたぶんできない…

メモ程度ですがせっかくネットカフェに来たので更新〜(ホテルの部屋にいると寂しいんだもん…。いっそネットカフェに寝泊りしちゃおうかと思うほどに)。

16時公演の源氏の君は漢(と書いてオトコと読む)でした。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

この愛こそ浅き夢…あさきゆめみしU


ひらくと毎日中身が違っている不思議な絵巻物のような公演です。
物語があるようなないようなないようなないような(しつこい)、というところも絵巻物っぽい。

わたしは今回の公演の歌詞が好きな分、ものすごく救われている気がします。



 

12時公演、源氏はたいへん寂しがっておられました…。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

命燃やして輝いた源氏蛍…あさきゆめみしU


宝塚から梅田に戻ってきて、あさきであります。
藤井先生の先生攻撃で痛恨のダメージを受け、HP1くらいのまま臨んだ16時公演、とんでもなく入魂の源氏でした…。

 ゲージ回復の16時公演。
posted by 海野モノトモ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

年に一度 京都の夏は祭りがよく似合う…あさきゆめみしU

 

16時公演は仕事先の人をお連れしたりだとかお知り合いに急遽来れなくなった方のピンチヒッターをお願いしたりしたのですが、イティコ先輩は割とわけ隔てなく普通に“すみれちんフリークス賛美”をするので時々どきどきいたします。
大王を正統派男役だと思ってる人だったら撲殺されても文句は言えないと思うのですよ…。
えっとその節はすみません…

そしてかの人が7月14日(フランス革命だってさ)の日付入りのお宝を手に入れていて、うらやましいったら。
わたしもすだまちゃんと心を通わせてみたいものだ。


 

そんなわけで、続けて16時公演。
posted by 海野モノトモ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛の世界変わらず…あさきゆめみしU


今日もネットカフェからこんにちは。
ネットカフェの住人となりはつる身の憂きことかな。
ていうかわりと暮らしやすい。


あさきゆめみし初めてのダブルヘッター…予想以上にずっしりきました…。
明智先生以上に。

何でだろう。
人の一生を2度辿るのはパワーが必要なのかもしれませんね。
演じるほうも大変だろうな。

台風を心配していましたが、移動と観劇と食事でほぼ傘を使わなかったという…。
でも関東の方に台風が接近しているようで、台風で会社が吹き飛んでいたらいいのに……見果てぬ夢よ。


今回は社内の大王仲間・イティコ先輩と一緒です(が、観劇以外はほ別行動…)。
我が社の社訓は、いつでも個人行動。
というか、お互い協調性がないので気が楽であります。


まあ、いつものごとく徹夜明けで臨んだ12時公演、幕開きですだまちゃんが階段を踏み外しかけたりしてグッと目覚めました。
そういうところも含めて人間くさくて好きであります。

そんなわけで12時公演。
posted by 海野モノトモ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

あさき夢にまどろみ見た愛…あさきゆめみしU


9日は3回目の観劇。
わりと最初から好きな世界観でしたが(1幕目はともかく)、三回観ればもうこっちのもんです。
私的に鬼門だった大王のでこガードにすらうっとりだ。

人物紹介ショーの趣が薄れてきたのは、役者さんたちも“今どういうシーンなのか”ということを明確に打ち出しはじめているからかもしれないなあ。
今週末が楽しみであります。


草野先生の大正の少女絵本のような古めいた日本語が私は好きです。
もう鬼籍に入られたわたしの三味線の師匠の口調に近くて懐かしい…草野先生は何歳なのかな(師匠は明治生まれでしたよ)。

だからこそ無理に若ぶるとヤケドするゼ☆と思うセリフもあるのです。
すだまちゃんが妙に人間臭いのも、そこら辺に一因があると思うけど(すだまちゃんばっかりヤケドしてかわいそうだなあ)。

原作のセリフを引用していることもあって、原作に出てくるキャラたちは割にセリフが安定しているのですが、その分オリジナルのキャラクターの方がヤケドワードの被害が大きいのかもしれません。


源氏物語は紫式部が書き始め、式部が筆を置いた後は、幾人もの名前の残っていない男女の手によって五十四帖が書き継がれたのだそうです(教科書には便宜上、源氏物語の作者は紫式部、となっているけど)。
だから原作自体コンセプトが揺れているのですが、総じて“日本のこころ”が描かれていると思っています。
それを先生は“無常”と捉え、刻の霊を置いた。


…私は無常観というテーマが本当に好きなんですよ(すだまちゃんの在り様が好きかどうかは別にして)…平家物語マニアだけに(いろんなマニアだな、わたし)。
好きというより無常であることから逃げたいと思っていて、でも結局はやっぱり世の中は無常でしかなくて、それを自分に納得させる作業として、物語をむさぼるのかも知れません。
そして大王は、無常を体現するにふさわしすぎますわ…

今日の源氏もまさに光る君であらせられました。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

安心立命 欣求浄土…あさきゆめみしU


今日のマチネで各々が何か掴んだのか、それとも初日終わった後の反省会をみっちりやったんだか知りませんが………私が昨日観た舞台と同じ舞台ですか?
ってくらい違いました。

初日って…初日って…。以下、ネタばれっぽいです。
posted by 海野モノトモ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

浅き夢みし 酔ひもせず…あさきゆめみしU


ネットカフェからこんにちは。
徹夜明けであさきゆめみしU、観ました。
変に冴えてます…興奮してるんですねやっぱり。
大王が美しすぎて…!


宙組ショーのショパンで「はやりの恋歌は難しくてわからない 私の歌ううた 古いセレナーデ」という一節を聞いたときから、私は実は草野先生を全肯定なのです。

私が宝塚歌劇に求めるものは、スタイリッシュなものとか現代性とかそういうものではなくて、2007年にそぐわない無国籍・無時代なもの、荒唐無稽な美しいものなのかもしれません。
そういう意味で草野先生の舞台は結構好きだったりします。

たとえかわいこちゃんの頭からポピーが生えていても!
たとえ頭中将が金髪でも!!


…平安絵巻かと思いきや壮大な人物紹介ショーだったとしても…!!!(泣いてません!泣いてませんってば!!)

 

きっと先生にとって、宝塚は“少女歌劇”のままなんだと思う。
そして、そんな宝塚をどうしようもなく愛しているんだと思う。

 そんな草野先生が創ったあさきゆめみしU、まとまりきれない雑感ですがネタバレです。
posted by 海野モノトモ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あさきゆめみしU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。