2009年06月25日

水曜日だからせんえんだもの…ハイキック・ガール!

 

ということで、ハイキック・ガール!を観に行きました。
だれか誘おうかなあと思ったのですが、見るからにマニアックだったのでひとりで行きました。


うん!マニアックだった!
実戦で強くなるためにはひたすら型を学べ、ってことだよね☆


…しかしいったい誰が観るのか…………日本の武道人口を当て込んだ映画なんだろうか…?(まあ、まんまと観に行ったわけですが)
主人公の女の子がほんとーにかわゆくてスラリとしていて、めちゃくちゃ強くて戦慄しました。
そんなにかわゆかったら強い必要ないんじゃね?ってくらいかわいかった。


帰宅後、久しぶりにパソコンを立ち上げまして誤字脱字を(めについたところだけ)訂正しました。
そしてさんかげつぶりにコメントのお返事をさせていただきました…すすすすすみませ…ん…


最近、とりあえずの大仕事が片付いて解き放たれて、立て続けにヘアスプレー、6月歌舞伎座夜の部、ブッシュ、ミーアンドマイガール、と映画やら舞台やらを観に行き、書きたいことは山ほどありますがそれどころじゃない模様。

ゆうがさんの千秋楽は近いし、終わりそうな映画の前売り券は3枚あるし、エリザは始まるし!
もうどうしたら!

posted by 海野モノトモ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

ただのよまいごとってやつですが


中旬は忙しいなあ。
16日から坂道を転げ落ちるように忙しくなって、現在生ゴミみたいになってます。
ただようのは…死臭?

なのに、上司に「お前はこれからうなぎのぼりに忙しくなるけどさ、ま、がんばれ☆」とか言われ、頷くにうなずけず、目が泳いだり泳がなかったり。泳いだり。
これ以上忙しくなるんかい!パねえよ!などと陽気にツッこんでみたりして。
アハハ。

いや頑張りますよ。
そんでもって給料を出来るだけ搾り取ってぜんぶ姫様の舞台にぶち込んでやらあ!
生きる糧だもん。


姫様の結婚が発表になってからというもの、会社のエレベーターの中だったり仕事先だったり、行く先々で姫様の結婚を祝ってもらって、嬉しいやらありがたいやら結婚するのは私じゃないのにと思うやら。

いやありがとう…。

15日に更新した分、誤字脱字が溢れとるわけですが、今はもういちじたりとも校正したくないきぶん。。。
お見苦しくて申し訳ないです…


明日は仕事先の人の結婚パーティーがあって、彼女は黒いウエディングドレスを着るらしい。
ていうか、招待客のドレスコードが「黒」って、どんなだ。
会社から会場に向かうという悲劇的状況を回避するために、もうひとふんばりしようかと思います。

 
posted by 海野モノトモ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | そのひのくらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

お前の声ならこの先いつまでも歌えるだろう…ANGEL OF MUSIC



姫様ご結婚宣言を受けて、頭がグルグルしているため、仕事が妙にはかどります。
筋少ガンガンにかけてます。
僕の歌を総て君にやる、は名曲だなあ!

ああもう朝かね…加筆するかもしれませんが、とりあえず。


もはや狼少年ですが、近いうちにコメントのお返事をいたします…せっかく書いてくださったのにほんとうにすみません…

いつものテンションで書き留めたいなあと思って海馬を奮い立たせていたのですが(始まる前は)、あーもうムリムリ☆

姫様ご結婚報告で小ネタ系の記憶が全部ふっとんだ☆



 

というわけで、いつにもましてグダグダレポート
posted by 海野モノトモ at 05:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 春野寿美礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ハートをカツアゲ☆…狂言/茂山千五郎の会


今日は、千駄ヶ谷に狂言を見に行きました。
そしてオグリを観損ないました。
ううじゅりあ…こっきー…。


久しぶりに齢九十になられる千作さんが観られるというので、ルーナ先輩と千駄ヶ谷は国立能楽堂へ。
「末広がり」「附子」「鈍太郎」。
千作さんは附子の大名。

お姿をはいけんしたのがなんとも久しぶりで、千作さんがよちよちと橋掛かりを出てくるだけで笑いがとまらん。
歩いているだけで客席が沸くのがまた。
かわいいおじーちゃんだのー。

声が相変わらずつやつやと豊かで、からださえきけば多分10年後も舞台に立てる…!
国の宝をめいっぱい愛でてまいりました。

そして、附子の太郎冠者と次郎冠者をやった千三郎さんと七五三さんの声質が高低の差はあれど同じため、あまりに調和していて、ただの会話や声を合わせてのセリフが無作為かつ完璧にハモッていた…。
すごいなあ血筋って。

鈍太郎の最後のシーンでの謡が頭から離れなくて気付くと鼻歌をうたっている…。
茂山の狂言を観ると、なんか心がホクホクする。


終演後、たいへんご機嫌のままオグリの夜の部を観ようとほてほてと青年館まで歩いてったら、なんかさんじから始まってて、着いた時点でもう4時半なんですが(狂言が14時開演16時終演だから)。
いつでも調査不足…ああこのなかではじゅりあやこっきーが!

ルーナ先輩と慰めあいながら、結局映画を観ることにして新宿へ。
いろいろモメたあげく話題の(?)タイ映画「チョコレート・ファイター」に決定。

すんごいアクションでした(ていうかスタントなしのリアルファイト…)。
マッハやトム・ヤム・クンよりもストーリー性が(多少)強くなって、観てて眠くなることはなく、いろんな意味で血がたぎる。
ほっそりしたおんなのこのすさまじい激闘…またかわいいんだこのこ!
テコンドーの師範らしく、すばらしいハイキックでした。

しかもパンフがフルってました。
まるでマニア系プロレス雑誌みたいよ。
強い女子にやっつけられたい願望のことを“ハートをカツアゲされる”と言うらしい…。

まあ、そんなこんなで土曜の夜の新宿のひとの多さに辟易しつつ帰ってきました。
いろいろあって全ツのチケットを譲ってしまったため(………千作さんの誘惑に勝てなかったわけで)、花組が両方とも見られなかった…なぜえ!
ミーマイは行こう…是非!(言霊)

posted by 海野モノトモ at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ふっつり悋気せまいぞと…5月歌舞伎座夜の部


大劇場へゆうがさんの公演を観にいきました(かなり前に)。
あんまり切なくて書いてませんが、それは後にアレとして、昨日歌舞伎座に行きました。


歌舞伎座の改築まで1年くらいらしく、カウントダウンの掲示板が出てました。
中学時代から通いはじめてすっかり慣れ親しんでいるので、ここがこの風景じゃなくなる日が近いのかと思うと、ちょっとしんみりしたり。しなかったり。


万難を期して休みを取り、用事の前に暫と寿猩々と手習い子を幕見で観て、用事を済ませて夜の部に参戦しました。

暫のえびさまの隈が、骨格にあってない感じで妙な違和感。
立体的じゃないというか、仮面をはっつけたみたいになっている。
団十郎はこの上なく美しい隈を取るのになあ…教わった方がいい…。

そして、80歳のおじいちゃんが10代になる前の少女の舞踊を踊るのをみてロックを感じました。
かっけー。

2009052216:30
posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。