2009年05月02日

ポンと蹴りゃニャンと鳴く?…雪組風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア

 

勢い余って雪組初日参戦。
だってだってとにゃみが!(何かをする時の掛け声?が「んにゃ!」「んんんにゃ!」って聞こえるからとにゃみ呼び定着)。
とにゃみが水さんと一緒にいるところを観るのが最後なんだもの!
考えただけで鼻の奥が痛くなる。


ショーを観て初めておーきかなめちゃんが星組に、ちぎーちゅ(…ってゆうがさんが言ってた!…気がする)が宙組から組替えになっていたことを知る。
大劇と東宝の間で異動することってあるんですねえ…

そして雪組次回作のポスターがとんでもないことになってら。
うわあ通っちまう…通っちまうかも…!!

でもこっちで5月いっぱいやって8月にもう再びの本公演か…。
なんかあやねーやじゅりあは全然来ない気がするんだけど気のせいかしら。
ま、全ツもミーマイもバウも行くけれども!
かわいこちゃんがいるところには、どこへでも行く所存であります。


ショーの水さんの赤いスーツが東京ブギウギに見えたり、お芝居のちぎーちゅのマントが僕の叫びを聞いて欲しい時のエリックマントに見えたり。
ていうか、ちぎーちゅはエンジの軍服×茶色いマントという色合いが既にエリックだった…(だから何、て感じですが)。


ということでネタばれであります。

2009050115:30
posted by 海野モノトモ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

俺ってプロバイダー!…オーケンMIDNIGHT PLUGLESS CAFE


ってオーケンがMCで言ってたの。
そのあと「俺ってブログ!」とも言ってた…。

バンドマンとして肝に銘じていることがメンバーへの「ほう・れん・そう」なんだって…。
会社員でありながらわりとほうれんそうを怠りがちでスタンドプレイに突っ走る私ですが、バンドマンもほうれんそうやってるんだから私もやろうOL(…たぶん)だもの!と思った次第です。
報告連絡相談!(であってる…か?)

ということで、オーケンは相変わらずとってもおしゃべりでした。


そう、ルーナ先輩と歌舞伎町奥の新宿ロフトにて、オーケンのプラグレスライブに行ったわけです。
突っ立ってアンプラグドってどんだけ苦行なんだ…ってくらい、飛んだり跳ねたりのライブよりもヘットヘトになりました。

アンプラグドということで、スウィングしながらモッシュやらダイブやらをしろとのお達し。
全部はできないので(当たり前)、せめて脳内スウィング。
×ジャンプ(ダメジャンプ)も胸元でちっちゃく。
アンプラグドだからね!

オーケンも座ったり立ったりしつつまったりとお歌を歌い、楽器はギターとかピアノとかアコーディオンとかバイオリンとかパーカッションとかそういうの。


主な曲は(覚えてる分だけ)、ロシアのサーカス団から呼び出された[OUTSIDERS]、愛情が減ることを知っていて愛し続けた[パディー・サワディー]、片づけられない様子にまるっと共感の[あの娘が遊びに来る前に]、 ラブソングの名曲[あのさぁ]、アンプラグドの意味を考えざるを得ない[踊るダメ人間]、わーんエリック!って思う[僕の歌を総て君にやる]、ブレブレブレブレな[人として軸がぶれている]、マルグリットとアルマンを想う[テレパシー]、 お別れだけど繋がっていると信じたい[アザナエル]。

ほかにも何曲かありました。
アンプラグドだとオーケンのリリカルな歌詞がじんわりと聞けていいなあと思いました(次回は座って優雅に聞きたい)。


終わった後は疲れた体を引きずって、ちゃんこ食べて帰りました。

posted by 海野モノトモ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台&ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

いまさらだけど行きました…マルグリット千秋楽

 
前回ウオッチメンについてなんか半端に書き捨てたままでアレでしたが、マルグリットの千秋楽だってもちろん観ているのであります。
いつの間に一カ月近くたっているのだろう…?

マルグリット終了を待っていたかのように仕事が繁忙期に入って、それがあんまり繁忙すぎたので正直もうだめかもと思いました…(そのおかげで深夜の映画館の住人になりかけたり)。
無事に乗り越えたっぽいです。

外での仕事が主だったので、社内のヅカ部の面々には会社でも劇場でも姿を見ないためツチノコと呼ばれる始末です。
ケイタイもちょっと大変なことになったし(水たまりに落とした)。


それでも押さえるところは押さえまして、星組は観に行きました。

ケコ先生の相変わらずの男尊女卑に瞠目しつつ、あらんけいが前に出て組子たちが後ろに立っている姿にマルセイユの港が既視感すぎて号泣です。
私はあの時感じていた春野寿美礼を無くしてしまうことへの恐れと悲しみは、彼女の復活によりすっかり癒されたものだと思っていたのですがそうでもなかった模様。

そう言えば、身重の奥さんといちゃいちゃしていた男子(のちにTHE・犬死にという末路をたどるあらんけいのお仲間)を、れおんくんだと思ってました…ほんもののれおんくんがでてくるまで。
似てる…(わたしの顔面識別力の低いことったら)。

そしてマルグリットの千秋楽ですが、なんかケイタイに走り書きメモ的なものが残っていたので、穴あきながら更新しときたいと思います。
あと、いただいていたコメントにもGWが終わるころまでにはそっと、そうっとレスをいたしました…すみませんいつものごとく…。

2009032913:00
posted by 海野モノトモ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マルグリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

どれだけ笑えるかが勝敗のカギを握る…YESMAN


雨の日、なんだか鬱々としていて、ルーナ先輩と新宿へ。
ヤッターマンか風呂肉(フロストニクソン)を観ようかと言っていたのですが、なぜか土壇場でイエスマンに乗り換える。


ヘイアメリカ!的な映画でした。

人生を左右するようなメッセージとか、感動するとかそういうのは一ミリもなかったのですが、ゲラゲラ笑ってなんか気が済んで帰ってきました(逆に、タイトルなどから想像して、何かとってもじんわりと感動したいと思って行った人は多分腹立たしくてたまんないと思います)。
一歩間違うとアヤシげな啓発映画になってしまうところを、うまく下品にまとめていた気がします(アメリカのテレビドラマっぽい下ネタも満載☆)


アメリカがまだ多分今みたいな景気じゃなかった時に作られたのーてんきなお気楽映画なので、のーてんきにゲラゲラ笑ってきました。

すっきりして帰宅☆
posted by 海野モノトモ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

ちょさくけんについてかんがえる…ウォッチメン

 
宣伝がうまいなーと思っていました。
そんな宣伝につられてルーナ先輩と深夜の新宿へ。
これが本当にバットマンとかスーパーマンとかを使えてたらもっと面白かっただろうになーとしみじみ思ったのでした(どうやらヒーローたちの著作権者から許可が下りなかったらしく、架空のそれっぽいヒーロー達になっています)。

私のお好みはボンテージの黒髪ボブのヒーロー(?女子なんだけど)です。
でも5分くらいで死体で発見されて大変テンションがなえました。

そのまま長い道のりを…3時間…。

気が遠くなりつつも、私をどうにかひっぱっていってくれたのがロールシャッハでした。
予告では大変不気味で怖かったのですが、いざ映画を見てみたらとっても愛嬌があってかわいいやつでした。
マスクをとってもお好みでしたよ!

映画館を出てきたらちょっと空が白んでた。
始発を待って帰宅しました。

もう冬じゃないのねー

posted by 海野モノトモ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。